■沖縄戦の旅 その4

IMG_0863.jpg

遺骨収集で見つかった万年筆のキャップ。

お名前彫っててくれたらなぁ。
ご遺族に返せたのに。
キャップじゃなくて本体には彫ってたのかな。

あ、エラそうに「収集で見つかった」とか書きましたが、私が掘り当てたものじゃありません。
私はカブトムシの幼虫しか見つけられませんでした。
超役立たずでした。

収集活動の最後には、慰霊祭が行われました。
収集ボランティアには、各地の護国神社の神職さんも参加されていて、祝詞で厳粛にお祭りされました。

IMG_0730.jpg

お供えにはゴーヤも。
沖縄らしい。

最後に全員で、お供えしていたお神酒を頂きました。
雨で気温も低く、「うおーお神酒ありがてえ!」と、ごふっと飲み干したら日本酒じゃなくてまさかの泡盛。
お……沖縄らしい……。
日本酒は大好きなんですが、焼酎はちょいと苦手なので口の中がえらい驚きました。

そして収集した遺骨は、戦没者遺骨収集情報センターへ納骨。

IMG_0739.jpg

今度は仏式でお経。

IMG_0744.jpg

祭壇の上にある、白い布の中に収集したご遺骨が納められています。

……って、私はひとつも見つけられなかったんですけどね。
役立たずですみません。
そして役立たずな上に、ボランティアのみなさんにえらい迷惑をかけてしまいました。

作業場所への移動で、海沿いの尖った岩場を歩いて行ったんですが、ただでさえ歩きにくい上に海藻がへばりついていて。
「ここ、滑るから危ないよー」と同行してた大学生たちにエラそうに声を掛けてたら自分が滑ってコケてスネを強打。
ただでさえ雨で寒いのに海水に浸かり、スネは流血するし腫れあがるしああもう。

で、ボランティアの中には看護師さんもいて、処置してもらいました。
お手数かけてすみません。
やれやれ。

ちゃんとごはん食べて、ちゃんとお布団でぐっすり寝て、しっかりした靴履いてゆっくり歩いてんのに転んじゃうような足場の悪い海岸。
こんなとこを、子供もお年寄りも、赤ちゃん抱えたお母さんも、ケガした兵隊さんも逃げてたんだなぁ。
しかも、海からは艦砲射撃ガンガンで。
怖かっただろうなぁ。

さて、沖縄を後にし東京へ戻りました。
家に着いてお風呂に入ってふと足を見たら更にえらいこと腫れあがってました。
ぶつけたスネだけじゃなくて足首も2倍に膨れ上がって、スネから踵にかけては青やら赤やら紫やら色とりどりに染まり……。
触ってみたら完全に痺れてて感覚がなく。

これヤバくね? と慌てて病院へ。
待合室で隣に座ってるおばあちゃんと「この雑誌の男の人はなんて名前?」「阿部寛じゃないすか」とか世間話しつつ診てもらったら、骨には異常なしとのことで一安心。
打撲で内出血がひどく、その血でスネから下が膨れ上がって痺れてるんだとか。
内出血でこんななんのか……。やれやれ。

で、1カ月半が経過した今。
足首とかの太さは元に戻りましたが、ぶつけたスネの腫れが全然引いてくれません。
青黒くぼこっと腫れたまんまで。
痺れの範囲は狭くなったものの、痛くて正座もできず。
ちょいと膝をついたら皮膚が引っ張られて激痛。

心配になってまた病院に行ったら、「あーこれは時間かかるねー」とのこと。
あーあ。
しばらく腫れたまんまで痛いんか。

がっくりしてたら、「これ、跡も残るよ」 とばっさり追い打ち。

ええええええええ嫌あああああああ!!!

ま、コケた私が悪いんだよな。
役立たずだったけど、がんばった勲章だと思って傷跡と付き合っていくか。
役立たずだったけど。

命があれば、傷跡なんか……ね。
この夏は汚い生足で闊歩します。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■Re: 沖縄戦の旅 その4 [まだむ・つっち~に]

このたびは、大変ごくろうをなさいました。
「ないちゃあ~」としては非常にありがたいです。
自分も、初めて沖縄を訪れるまでは何も知りませんでした。やたらと広い土地があるな~程度の感想。
もう、このお様な事が二度と怒らないよう祈るしかありませんね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ