FC2ブログ

■韓国の旅~ハングル編

先週、韓国に行ってきました。
目的は、ヨンピョン島砲撃現場の取材。

……でしたが、大寒波の影響でヨンピョン島へ渡る船が連日出航できず、ただの観光旅行となりました。
残念。。。。
ですが、とても楽しかったです。

韓国へ行くのは初めてで、行く前は「日本人って嫌われてるんじゃなかろうか」とか、「怖い目に遭ったらどうしよう」(海外自体が2回目なので)とかいろいろ怯えていましたが、滞在中の4日間で接した韓国の方々はみなさん親切で、陽気で、とても心持ちのいい日々でした。

まあ、寒さだけは「もう二度と来ねえ!!」と思いましたが。
昼間でもマイナス13℃とかですよ。
ビルの水道管が凍ってトイレ使えないとか。
寒いの苦手です。。。。

ヨンピョン島取材はできませんでしたが、大きな収穫がありました。
ハングル文字が読めるようになりました。

日本でも、駅とかバス停とかの表示にハングルが併記されてたりしますが、以前からその表記を見て
「『ロッポンギ』はこう書くのか。あ、なんか『ロ』と『ポ』を書いてるであろうと思われる文字に同じ記号があるなー。これはきっと母音の『オ』なんだろうなー。規則性あって分かりやすそうだなー」
と思ってたりしましたが、今回、せっかくなのでちょいとお勉強してみようかとハングルの反切表(日本語でいうところの50音みたいな表)を見てみると、超規則性溢れる文字。
マジでめちゃめちゃ分かりやすい。

例えばですね、「명」という文字は、左上の「口」みたいな記号が「m」の発音で、右上の縦棒の左に横棒が二本ある記号の発音が「yo」の発音。
んで、下の「○」が「m」。
なので、「명」は「ミョン」。
「동」という文字は、上の「コ」を逆にしたようなのが「t、d」の発音で、真ん中のなべぶたみたいなのが「o」の発音。
で、下の「○」は上に書いたように「m」。
で、「명동」は「ミョンドン」となります。

こんな風に、記号の発音が分かればあらすてき。ハングルがすらすら読めちゃいます。

韓国行き前日、急に思い立って反切表をネットでプリントアウトしたんですが、それを持ってっただけですべてのハングルが読めました。
みなさん、もし韓国に行かれるときはぜひ反切表を。

まあ、ソウルとかミョンドンとかの都会はカタコト英語で通じるし、日本語ベラベラの人も多いんでハングル読めなくても別に困りませんが。
でもちょいと都心から離れるとハングルオンリーなので、読めるとかなり便利です。

まあ、読めても意味は全然分からないんですけど。

んでも地名は読めりゃあそれでOKだし、ちょいと定食屋さんに入れば「ラーメン」「サムゲタン」「キムチチゲ」なんてハングルも読めてさらさらとオーダーできちゃいます。
(発音悪くて「?」な顔は何度もされましたが。。)

「あの看板はなんて書いてるんだろう?……『アン、ナエ』か……アンナエ……アンナエ……アンナイ……あ、『案内』だ!」と案内カウンターに辿りつけたり。
言葉自体も日本語と近いのがたくさんあるから読めりゃあそんだけで分かることも。

ただ、「ヨケク」と読む文字が「旅客」と判明したときは、同じ語源だと分かりつつも素直に納得できませんでした。
「ヨケク……ヨケク……ヨカク……リョカク……。バンザイできねーよ!!」の心境でした。

ところで、「소」は「ソ」と読みます。
上の「人」みたいなのが「s」の発音で、下のなべぶたみたいなのが「o」の発音。
この「소」は「牛」という意味です。
(餃子のお店に豚餃子と牛餃子があり、その牛餃子の表記で判明)

「そうかー。牛は韓国語で『ソ』なんだな。よし、ひとつ覚えたぞ」と思っていたら、ヨンピョン島の地図にも同じ「소」の文字が。

ヨンピョン島には、大ヨンピョン島と小ヨンピョン島とがあります。
(今回の砲撃があったのは、北朝鮮に近い大ヨンピョン島)
その小ヨンピョン島の表記を見ると、「“소”ヨンピョン島」と書いてありました。

소ヨンピョン島??
牛ヨンピョン島??

なんじゃこりゃ? と思って、ミョンドンで仲良くなった日本語ベラベラのショップ店員さんにそのことを聞いてみると
「“소”は『牛』という意味もあるし、『小』という意味もあります」
とのこと。

あ、なるほど。
「소ヨンピョン島」で「小ヨンピョン島」か。

要は同音異義語なんですね。
「同じ“소”で『牛』と『小』をどうやって区別するの?」とおねえさんに聞くと、「文脈で区別しますよ」とのこと。
まあ日本語でも音だけで「はし」と聞くと「橋」だか「箸」だか分かんないし、そんなもんかな。
渡るべからずのトンチ回答は「端」で。

んでも表記で区別できないのはちょい不便だなー。
「소丼」って書いてあったら、牛丼なのか、ミニサイズの丼なのか迷いそう。
「牛肉丼」、「小サイズ丼」とか書くんかな。

そう考えると、音だけでは「しょう」だけど、書けば「小」なのか「賞」なのか「将」なのか「商」なのか区別がつく漢字は便利だなー。
韓国も漢字復活させればもっと便利になるのに。
余計なお世話か。

たった4日間ですが、ハングルをいろいろ勉強することができました。
ので、今回の韓国4日間は「せっかく行ったのに取材できなかったちきしょー!!」ではなく、「ああ、いい語学留学だった」と思うことにしています。


関連記事
スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ