■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヒッティングマーチ その2

歌というのは時代を超えて継がれるものですが、こういうヒッティングマーチという形式で継がれるというのはとてもおもしろいなーと思います。
パラ銀が光GENJIを知らない高校生に継がれ、ひみつのアッコちゃんのエンディングが元歌を知らない私に継がれ……。

しかし『狙い撃ち』の「♪ウララ~ウララ~ウラウラで~」を知ってる今の高校生たちでも、さすがにその曲が以前「♪ゲーリーゲーリーホームラン~」という歌詞で歌われていたことは知らないかもしれません。
(狙いうちがヒッティングマーチとして使われたのはゲーリーが最初のような気がするんですがどうでしょう。ゲーリーが最初というか、中日応援団が最初というか)

替え歌モノヒッティングマーチといえば、個人的に特に好きなのが、秋山幸二(西武の選手時代)のヒッティングマーチ。

♪ジェットミサイルは飛ぶよ~スタンド~超えて~鉄人リストで狙え~ぶちかませ空へ~

元歌は、荻野目洋子の『恋してカリビアン』。
軽快なノリが秋山のさわやかなイメージと良くマッチしていて、かなりの良作です。

ヒッティングマーチにはこういった替え歌モノも多いですが、プロ野球ではオリジナルのヒッティングマーチが作られることも多いです。
そして名曲揃いです。

♪それゆけそれゆけ篠塚~首位打者めざして篠塚~
♪燃えろキヨシ男なら~ここで一発キヨシ!! かっ飛ばせよ(オー!) かっ飛ばせよ(オー!) ライトスタンドへ~

聞いただけで郷愁に浸れてしまう、ヒッティングマーチ。

♪ゆ~け~佐々木~ホームラン~~ゆ~け~我らの~核弾頭~
♪燃えろよ湯上谷~我らの湯上谷~お前のバットで勝利を決めろ~

当時北九州市民球場通いをしていたので、90年代前半のダイエーヒッティングマーチには特に思い入れがあります。
万年最下位の当時のダイエーでしたが、歌詞も曲調も「ザ!野球!!」という感じで大好きでした。
その後ダイエーは初優勝……そしてAクラスが当たり前のチームに……と、どんどん強くなるにつれ、なぜかヒッティングマーチは暗~い曲調が増えていきましたが……。
(そして今はまた名曲揃いになってきています)

これまでたくさん生まれては歌い、そして時には踊られ続けてきたヒッティングマーチ。
その中でも、「キング・オブ・ヒッティングマーチ」にプロ野球ファンの満場一致で選ばれることが想像に難くないと思われるものがあります。

80年代初めに、巨人に入団したその男。
レジー・スミス。

♪上から読んでもスミス
♪下から読んでもスミス
♪どこから読んでもスミス
♪ホームランホームランスミス

この歌が子供心にまーーーーー衝撃でした。
しかしその衝撃はこれに留まりませんでした。

スミスは数年で巨人を退団。
その後、この名曲はひとりの男に引き継がれました。
石井雅博。

♪上から読んでもイシイ
♪下から読んでもイシイ
♪どこから読んでもイシイ
♪ホームランホームランイシイ

ああ、素晴らしきヒッティングマーチ。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。