■自衛隊同期の桜

1月21日に発売された、MAMOR3月号。
大大大大大大大大好評連載中の「岡田の軽キュラム」、今回のテーマは
「武力行使と武器使用の違い」
です。

これ、分かってるようで実は奥が深く、勘違いを起こしやすいです。
「安保法案反対~!」の方々界隈では、当時「集団的自衛権の行使が容認されたら海外派遣で戦争できるようになる」とか意味の分からない危惧をよく聞きましたが、これも「武力行使と武器使用の違い」をちゃんと理解してないからなのかなーと思います。

ココんとこはこれからも安全保障関連で話題になるでしょうから、ぜひ今一度おさらいしてみてください。
ちゃんと「女子高生にも分かる」ように書いてますから、肩ひじ張らずに読めますよ~。

さて、今回は連載ともうひとつ記事を担当しています。
特集の「見事に咲きましょ、自衛隊同期の桜」です。

自衛隊はやたらと「同期の絆」が強い……ってのは、ご関係者でも反対意見はあまりないかと思います。
それはなぜなのか……の究極は、おそらく「命を預け合うから」というとこに行きつくのではないかと考えています。

取材では、2009年に密着取材させて頂いた、「第174期幹部・175期陸曹空挺レンジャー課程」のみなさんに再結集してもらい、「同期とは」のお話をお伺いしました。
自衛官のみなさんなら「あるある」と共感されるでしょうし、また自衛隊ご関係者でなくても「人間関係の構築」という面でとってもおもしろい記事になりました(自画自賛)。

当時の空挺レンジャー連載は、今でも反響を頂きます。
もう7年も前の連載なのに、「あの空挺レンジャー書いてた岡田さんですよね?」と声を掛けて頂いたりして……それだけ濃い取材でした。
まあ、取材が濃いというより、課程が濃すぎたんでしょうけど。

当時の連載を読まれていた方は、「ああ、あのときのあの人!」とより楽しんで読んで頂けるかと思います。

ちなみに、先々週から1週間ほど、東京・大阪の主要駅にMAMORのポスターが貼りだされていたんですが、発見された方はいらっしゃいましたでしょうか?
私も新宿駅で発見し「おお!!」と嬉しくなりました。

このポスターには、陸自、海自、空自の3バージョンがあったんですが、陸自バージョンのモデルも取材させて頂いた空挺レンジャーの彼らです。

16179184_1219203298156818_1032293223727589881_o.jpg

いやーこれマジでかっこいいわ。

駅ポスターはおそらくもう掲出期間が終わってると思うのですが、この写真はMAMOR3月号にも載っています。
ぜひご覧ください!


スポンサーサイト

■コメント

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ