■【質問】なんでそんなに自衛隊、自衛官が好きなの?

先日、今年度の予備自衛官訓練に行ってきました。
そして、こんなものを頂きました。

IMG_4897.jpg


そして、SNSにこんな投稿をしました。

気付けば、予備自衛官10周年。
いや~、がんばったなぁ。

辞めたいと思ったことは何度もありますが(正確には「辞めたい」というより、「もう続けるの難しいかなぁ」って感じですが)、20周年、30周年が迎えられるようにがんばりたいです。
微力過ぎる微力ですが、「人様のお役に立てる」ってそれだけで嬉しいですし。

あと、単純に「なんだかんだ自衛隊、自衛官が好き」なんですよね。
10年経っても、やっぱココは変わらないです。
自衛隊に身を置いて、彼ら、彼女らと接することがとても楽しいです。


すると、「なんでそんなに自衛隊、自衛官が好きなんですか?」とのコメントを頂きました。

はて……なんでだろう……。
改めて「なんで?」と言われると……はて……。

ぼんやり考えていると、以前読んだある心理学系の本の一文を思い出しました。
うろ覚えなので、一言一句まで正確ではありませんが、ニュアンスとしてこんな感じでした。

「自らの仕事に誇りを持ち、それを活き活きと語る人は魅力的に映る」

自衛官さんたちは、みなさん自らの仕事に誇りを持っています。
「国防」という自衛隊全体の任務もそうですし、「航空機の整備」だったり「砲の射撃」だったりという、各々が担当する仕事にも誇りを持っています。

そしてみなさん、それを実に活き活きと語ります。
「うちの部隊はこんな工夫をしてミスを無くすようにしたんだよ」
「うちの部隊はこの分野が強いんだ。これは他の部隊にも絶対に負けない」
「今、入校してこんな勉強をしてるんだ。とても奥が深くて、難しいけどやりがいがあるんだよ」
こんな感じでみなさん、ご自身の部隊やお仕事を実に活き活きと語ります。

もちろん、日々のお仕事のことなので、お疲れのためかちょいとグチったりすることもあります。
でも、みなさんほんとに「自らの仕事に誇りを持ち、それを活き活きと語る」んです。

思えば、自衛隊じゃなくても他のいろんなお仕事の方でも、「自らの仕事に誇りを持ち、それを活き活きと語る」人は魅力的ですし、お話していても楽しいですよね。
自分や他人のお仕事をディスってばっかりの人の話は聞いててうんざりしますが、「自らの仕事に誇りを持ち、それを活き活きと語る」人の話は「もっと聞きたい!」って思います。

「ああ、自衛隊、自衛官の魅力ってココだな」……予備自衛官勤続10年にして、ストンとお腹に落ちました。
「だから私は、こんな魅力的な彼ら、彼女らが大好きなんだな」と。
もちろん、それだけじゃなくてもっといろいろあるとは思いますけどね。
根本はココだな~と。

私はこれからも、予備自衛官として、自衛隊、自衛官のサポートを続けていきたいと思っています。
そして、彼ら、彼女らのサポートをできるこの「予備自衛官」という身分、お仕事を、彼ら、彼女らに負けないくらい誇り、活き活きと語りたいです。

とか言いながら、明日大きな病気が発覚して辞めることになったりして……いやいや、健康管理もちゃんとしよう。

この10年間、予備自衛官を続けさせてくださったみなさま、本当にありがとうございます。
いろいろとご迷惑をお掛け致しますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。


スポンサーサイト

■コメント

■Re:【質問】なんでそんなに自衛隊、自衛官が好きなの? [まりんこ]

私の考えでは
一生懸命頑張って、今以上に良くしたいという気持ちがあるからこそ、目標や理想と今現在におけるギャップが不満やグチとなって表れているのだと思います。
グチすら出なくなったら、その人のそのポジションでの存在がおしまいのような気がします。

■おめでとうございます [ぬりかべ]

 はじめまして 同じ予備自衛官のぬりかべと申します。
予備役10年、おめでとうございます。招集時の身体検査でCランクだと訓練に参加できませんよね。心身ともに健康だからこそ訓練に精励できるのですから「表彰」は誇りとなります。
 現役時に卒業した高校を制服で訪問したときに、こころない生徒から「戦争反対」と言われたことがあります。いまほど国民の皆さまが自衛隊と言う存在を理解してくれなかった時期と比べると今は幸せなのかもしれません。私の妻も自衛隊の話は聞いてくれません。でもひっそりと国民の皆さまの役立てる存在であればいいかと思ってます。お互いそんな「誇り」を胸にしまって訓練に精勤してまいりましょう。長文をご容赦ください。
 これからも御身(おんみ)を大切になさってください。

           恐惶謹言

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ