■広島ピースツアー その5

広島ピースツアー その1
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-311.html

広島ピースツアー その2
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-312.html

広島ピースツアー その3
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-313.html

広島ピースツアー その4
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-314.html

……の続き。
今回でラストです。

以前にも書きましたが、福岡県出身の私は元々カープファンではありませんでした。
最初にファンになった球団は西武ライオンズ。

きっかけは、高校野球を見て……えーと、名前書いてもいいのかな、いいよな、敢えて書きますが、PL高校の清原和博選手の活躍です。
その清原選手(敢えて「選手」で通します)が西武に入団したので、西武ファンになりました。

そして5年生のとき。
南海ホークスがダイエーホークスになりました。

「福岡に球団がやってくる!!」
私は大喜びでダイエーファンに……とはいかず、しばらく西武ファンでしたが、ローカル放送なんかを見てるとダイエーの選手に親近感を持つようになり、気付けばダイエーファンになっていました。
今のソフトバンクホークスからは考えられないくらい勝てない球団でしたが、熱心に球場に通い、応援していました。

……が、大好きな選手のトレードや球団のやり方にちょいと思うところがあり、多感なお年頃だった岡田さんはそれほど熱心にダイエーを応援できなくなってしまいました。

その後は阪神ファンに誘われて甲子園に行ったり、中日ファンに誘われて球場で「燃えよドラゴンズ」を歌ったり、と「野球は好きだけど、とりたててどこの球団のファンではない」という状態が長く続いていました。

そして、2010年。
東京のとあるお店で、ある広島出身のカープファンのおっちゃんから「岡田さん、お願いがあるんだけど」と言われました。

「岡田さん、そんなに野球が好きならカープファンになってくれない?一緒に球場に行って、カープを応援してくれない?カープはもう20年も優勝してないんだよ。カープが勝てるように、関東の球場をカープファンで真っ赤に埋め尽くして応援したいんだ。応援するの、手伝ってくれない?ユニフォームはプレゼントするから」

「いいっすよ」と二つ返事でカープファンになりました。
こんなきっかけで、カープファンになりました。

あれから6年。
今では、「岡田さん、カープファンになってくれない?」と頼んできたおっちゃんが「まさかこんなにハマるとは」と引くくらい熱心なファンになりました。

そして、カープという球団を通して、以前よりも「広島」がぐっと身近になりました。
いろいろな「広島」を知るようになりました。

たくさんの広島出身の友人ができました。
広島在住の友人ができました。
原爆のことを、より広くより深く知る機会も増えました。
被爆者の方とも接し、以前よりも「広島」の側から核兵器というものを考えるようにもなりました。

「核兵器の抑止には核兵器を持つしかない」
世の中には、こういう意見があります。
「そうなのかもしれない」と私も思います。

でも、私は「核兵器」は「兵器」ではないと考えています。
今、「核兵器」と呼ばれているものは「核虐殺器」だと思います。

「兵器」は、戦闘で使う武器です。
戦闘において、敵軍の戦力を制圧し、自軍の行動を助けるものです。

でも、「核兵器」はその及ぼす影響が「戦闘」に留まりません。
「戦闘」に関わらない民間人にも甚大な被害を与えます。

使用した際の及ぼす影響を考えると、私はいわゆる「核兵器」を「兵器」とは呼びたくありません。
あれはどう考えても「虐殺器」です。
「兵器」なんかじゃありません。
私は、こんな「虐殺器」を日本は持つべきでないと考えています。

しかし。

広島や長崎のような悲劇が再び起こるのは、ぜっっっっっっっっっっったいに防がなくてはなりません。
「虐殺器なんか持ちたくない」とその手段を捨てた結果、再びあのような被害に遭うなんてことは絶対にあってはなりません。

どんな弾道ミサイルや航空機が日本を脅かしても、それを迎撃などで無効化できる完全無欠なシステムが構築されると一番いいんですが……日本周辺の安全保障環境を見ると、現状では夢物語なのかもしれません。

「夢物語でも、それを実現する道を模索する」のか。
それともやっぱり、「核兵器の抑止には核兵器を持つしかない」のか。

原爆被害からの復興として創設されたカープをこれからも応援しながら、もっともっと広島のこと、そしていわゆる「核兵器」のことを考えていきたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ