■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■憲法改正したら戦争になる?

参院選がらみで、ネット上では「自民党が憲法改正する!戦争が起こる!」というご意見を見るようになりました。

でも、自民党の改正草案には「戦争を放棄」と明記されてるんですよね。
「憲法改正して戦争しよう」なんて誰も言ってないのに、なんで「憲法改正→戦争」なんてことになってるんだろう……。

あと、自民党の改正草案でも現行と同じように武力行使は限定的です。
「限定的に、行使してOK」です。

「武力行使はすべてNG!あらゆる武力行使を放棄すべき!」というご意見も見かけるんですが、なんでこういう方々は「あらゆる武力行使を放棄するように憲法を改正しよう」と言わないんでしょうか。

現行の憲法でも、
「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」
なんですよね。
限定的なNGなんです。
個別的自衛権でも、集団的自衛権でも、行使は限定的にOKで限定的にNGなんです。

だから、「あらゆる武力行使を放棄すべき」のご意見の方こそ、「憲法を改正しよう」と言うべきなんですが……。
私だったらそうするなぁ……と思うんですが……。

憲法改正の議論には、こんな不思議がいっぱいです。

平和安全法制(安保法制)では「アメリカの戦争に日本がうんたらかんたら」というご意見をよく聞きますが、だったらなんで「アメリカ(連合国)の要求で改正された今の憲法」を1ミリも変えたがらないんだろう。

憲法改正に大反対の方々は、よく戦前までの日本を完全否定されますが、だったらなんで大日本帝国憲法に則った改正手続きで公布された今の憲法を1ミリも変えたがらないんだろう。

まあ、「なんで」の答えは「意図があるから」なんでしょうけど。

でも、「意図」がある人はいいんです。
(良くないですが)

問題は、意図がないのに、心から日本の平和を真剣に願っているのに、「大きな声」に惑わされてしまう方々。

いや、しょうがないんですよ。
惑わされてしまうのは。
みなさんそれぞれ、勉強やお仕事、家事、育児などなど毎日お忙しいですから。
なかなか安全保障のお勉強まで手が回らなくて、「大きな声」に惑わされてしまうのは、しょうがないと思います。
「意図」がある人たちは、それを分かって「大きな声」を出してますから。
子供の頃から「大きな声」で刷り込んでますから。

でも!
みなさん、ちゃんと自分で読んで自分で考えましょう。

憲法改正に賛成するにも、反対するにも
「どこをどう改正しようとしているのか」
をちゃんと読みましょう。

憲法改正反対の人でも、「あ、こう変えるんだったら賛成!」ってありますよね?
憲法改正賛成の人でも、「え、こう変えるんだったら反対!」ってありますよね?

「テレビでこう言ってる」
「新聞にこう書いてる」
「みんなこう言ってる」
ではなく、ちゃんと自分で読んで自分で考えましょう。

何度も言いますが、憲法改正に反対の人だけでなく、「賛成の人も」です。
憲法改正に賛成の人も、いろんな声に惑わされず、ちゃんと自分で読んで自分で考えましょう。

世の中のご意見を見てると、「憲法改正賛成!」のひと言で満足してるような方も見受けられます。

改正するんだったらなんでもいいんでしょうか?
どんなふうに改正しても、ただ改正すればいいんでしょうか?

「憲法をこういうふうに改正したい」
「憲法のこの条文をこう改正したい」
という意見を、ちゃんと自分で考えましょう。

いろんな政党や団体、人が出した草案をひとつ一つちゃんと読んで、
「ここはこんな改正しない方がいい」
「ここはもっとこういうふうに改正した方がいい」
を、考えましょう。

憲法改正が今後どうなるか分かりませんが、発議されたら国民投票が行われます。
私たちひとり一人が、改正するかしないかを選択します。

自分の一票です。
他の誰かの一票じゃありません。
あなたの一票です。
だから、他の誰かの意見じゃなくて、あなたの意見を持ちましょう。

もちろん、私が始めに書いた「自民党の改正草案には『戦争を放棄』と明記されてる」ってのも、鵜呑みにするんじゃなくて、ちゃんと自分で読んでくださいね。

日本国憲法改正草案(自由民主党 憲法改正推進本部)
http://constitution.jimin.jp/draft/

「改正反対!!」
「改正賛成!!」
そんな「大きな声」を上げるだけで得票数を伸ばそうとするんじゃなくて、ひとり一人が自分の目で読み、自分で考えましょう。

じゃないと、国民投票で結果が出ても、その後に大揉めしちゃいますから。
「こんなはずじゃなかった!」ってなっちゃいますから。

憲法はとても大事なものです。
でも、憲法よりも平和の方がもっと大事です。

平和のために、憲法はどうあるべきなのか……本筋を見失わずに、建設的な議論が交わされることを、心から強く強く望みます。


スポンサーサイト

■コメント

■ []

この議論で面白いのが、"改正"反対と言ってる人がいること。"改悪"反対とか"改編"反対とかなら分かるんですが。
良くすることを反対するとかおかしいと思わないのか

■憲法 [えるもーどi]

ガラケーからはリンク先の自民案は読めなかったが下の文章で間違いないかな?
↓↓↓↓↓↓↓↓
自民党改憲案第九条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動としての戦争を放棄し、
武力による威嚇及び武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては用いない。


前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

さて

意図は侵略目的の禁止ですが

1項はパリ不戦条約で2項で自衛権を認める構図なので、これなら大東亜戦争は可能だと考えます

それとも大東亜戦争は先制的自衛権ではなく予防戦争だと判断しますか?

また

新憲法で自衛権の行使や国際機関による制裁措置は合憲としても

ソ連による集団的自衛権行使を、ソ連によるアフガニスタン侵攻だとしてモスクワオリンピックをボイコットした日本

侵略と自衛権の整合性を無理なく説明できるでしょうか?

それから

国際機関による制裁措置が、限りなく予防戦争に近くなっております

先制的自衛権と予防戦争の線引きは難しく、縛りすぎれば国際貢献が難しくなる気がしますが

どう思いますか?

■Re:憲法改正したら戦争になる? [バボ]

この憲法を改憲するかしないかと言うことは、とても難しい問題であり、考えるにしてもとても時間がいるわけで、考えている間際に待ったなしの国民投票。そもそもこの様な図式自体も大変な大問題ではないか。

■Re:憲法改正したら戦争になる? [mamumi]

憲法改正法案を読みました。全体としての印象は、やはり日本がいつでも戦争に踏み切ることができる状態にしようとしているように感じられます。特に第九条の二は、まるで北朝鮮の主張を聞いているようにすら感じられます。あちらに言わせれば被害者は北朝鮮であり、日米韓が北朝鮮を挑発している、ということになります。戦争というのは古今東西を問わず、「我々が被害者なんだ」という立場で始められるものです。特に19世紀以降の日本が関わった戦争は、すべて同じ理由で始められました。

忌憚なく言って、私は日本を信じられません。これまでの政府高官で、公約をきちんと果たした人はどれだけいたでしょう?いくら戦争はしないと口では言っていても、簡単に前言を翻すような政治家しかいないこの国で、どうして政府の言うことを信じられるのでしょう?だからこそ、60年安保は、あれだけの反対運動になったのではありませんか?当時の人たちは戦争の怖さ、政府や軍部の非道さを肌で知っていたから、あれだけ反対をしたのです。今は戦後70年、もうその頃の記憶を持っている人たちは後期高齢者です。その頃のことを考えずに安易に憲法改正に賛成することこそ、危惧すべきことだと思います。

■Re:憲法改正したら戦争になる? [koji]

自民党の憲法改正案を見る限り戦争法案なんて言う言葉は当てはまりませんよね。当然、日本として国を守るために必要な最低限の文言で書かれていると思います。国を守る国防軍という言葉も適した言葉と思います。日本は皆で守っていきましょう。

■よく勉強されている岡田さんに質問 []

「どうせ忙しくて読んでないでしょ」と言わんばかりのご意見ありがとうございます。
よく勉強されている岡田さんに新憲法案に関していくつか質問です。当然これらの問題点を理解している上で書かれてるんですよね?

第1条「天皇は日本の元首」
そもそも元首という言葉がなぜ使われているのでしょう?現行憲法を含む社会契約説に基づく憲法で「元首」という概念には無理があるのにもかかわらず、このこの場をあえて追記した意味は?

第12条、第13条の「公益」とは?
この二つにはあえて「公共の福祉」を廃し「公益に反さない」かぎり、という断り書きを入れていますが、では公益とは一体なんですか?誰がそれは定義するのでしょう?
公共の福祉に反しないかぎり個人の自由が制限されないのは個人に主権があるにもかかわらず、公益を拡大解釈すればいくらでも国家の権力を高めていくことが可能ですよね?その抑止はどのように行われるのでしょう?

人を不勉強と言えるからには当然このような質問を簡単に論破できますよね。このスクショを撮っておきます。もし、このまま闇に葬られたら心の底から大笑いしてネットにさらしてあげましょう。
明確な回答をお願いします

■諞イ豕輔↓縺ッ謇九r隗ヲ繧後↑縺п [諞イ豕募??戟]

諞イ豕輔?螟峨∴縺ェ縺?⊇縺?′縺?>縺ィ縺翫b縺?∪縺吶?よ?豕輔′譎ゆサ」縺ォ縺ゅ▲縺ヲ縺ェ縺?→縺翫b縺?∪縺吶?ゆサ翫?譌・譛ャ莠コ縺ォ縺ッ蟠?ォ倥〒逅?Φ荳サ鄒ゥ逧?℃縺弱k繧医≧縺ォ諢溘§縺セ縺吶?ゅ□縺九i縲∵?豕輔?螟峨∴縺ェ縺?⊇縺?′縺?>縲ょ?句挨縺ォ閠?∴繧後?諞イ豕輔〒閾ェ陦幃嚏縺ォ縺、縺?※縺オ繧後◆縺サ縺?′縺?>縺ィ縺九?∫キ頑?・莠区?譚。鬆?r蜉?縺医◆譁ケ縺後>縺?→縺九≠繧翫∪縺吶′縲∽ク?蛻??豕輔↓縺ッ謇九r隗ヲ繧後↑縺?婿縺後>縺??らァ√?縲∝ョ牙?咲キ冗炊迢ャ陬√↓繧ゅ?∽クュ蝗ス霆堺コ矩?イ蜃コ縺ォ繧ゆク榊ョ峨r諢溘§縺セ縺帙s縲ゆク榊ョ峨r諢溘§繧九?縺ッ譌・譛ャ縺ョ閾ェ貊?〒縺吶?ゆサ頑?豕輔?隴ー隲悶〒蝗ス繧貞?譁ュ縺吶k菴呵」輔?縺ゅj縺セ縺帙s縲ゆク也阜縺ァ繧ゅ∪繧後↑蟆大ュ宣ォ倬ス「蛹悶?縺??縺、縺ェ莠コ蜿」讒区?縺ァ縺吶?ゆサ玖ュキ谿コ莠コ繧?ル繝シ繝医?隕ェ谿コ縺励?∝ュ先ョコ縺励′縺輔i縺ォ蠅励∴縺ヲ縺?¥縺ァ縺励g縺??よ律譛ャ莠コ縺梧律譛ャ莠コ繧定ヲ区ョコ縺励↓縺励↑縺?◆繧√↓逵溷殴縺ォ閠?∴繧句ソ?ヲ√′縺ゅj縺セ縺吶?よ?豕輔?隴ー隲悶?繧?k縺ェ繧我ス呵」輔?縺ゅk譎ゆサ」縺ォ繧?▲縺ヲ縺翫¥縺ケ縺阪〒縺励◆縲ゅ>縺セ縺ッ縲∵尠譏ァ縺輔r邯ュ謖√@縲√b縺」縺ィ迴セ螳溽噪縺ェ蜊ア讖溘↓蜷代″蜷医≧縺ケ縺阪〒縺吶?b

■Re:憲法改正したら戦争になる? [isao matsumoto]

自民党案に反対なら、自分たちの案を出せばいいのに、
出さない。
そういう反対は賛成しているのと大差ない。護憲派と戦前の軍部となんと似ていることか、まったく日本人は戦争から学ばなかったと、ため息をつきます。

最近、母が傘が倒れたから治療費を払え、とかいう変な人に絡まれたのですが、この相手も自分の名前や住所を絶対に言わない。
どうやって金を払わせるつもりなんでしょうか?

良からぬことを考えている人は、行動が似てくるんだなと失望しつづけております。

■共感しました [KABU]

良い記事でした。と、そう私は思います。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。