■日本横断カープツアー2015 その2

先週の続き。
日本横断カープツアーの後半戦です。

神宮球場での快勝から4日後。
10月3日にマツダズームズームスタジアムへ行ってきました。

広島到着!!

IMG_2870.jpg

まずは腹ごしらえ。
広島の新名物、汁なし担担麺。
今回は、「くにまつ」さんにお邪魔しました。

IMG_2871.jpg

広島の汁なし担担麺は3つのお店を制覇しましたが、初めての方にはこの「くにまつ」さんが一番オススメです。
「一番オススメです」ってまだ3つしか行ってないんですけどね。

広島の汁なし担担麺は、山椒がとても効いています。
中には、「舌が痺れ過ぎて食べた後に飲む水すら辛くなる」ってお店も。
何度か通ううちにその痺れがクセになってきたりするんですが、でも初めての人だと苦手に感じてしまうこともあります。

が、この「くにまつ」さんは、山椒が優しいんです。
ので、「広島で初めて汁なし担担麺に挑戦!」って方は、ぜひこちらに行ってみてください!

あ、温泉たまごはトッピングです。
これもぜひプラスして味わってください。

さて、お腹も満足したところで……。

IMG_2873.jpg

ズムスタ!
4か月ぶり!!

あ、このコラムには書いてませんが、6月にもズムスタに行ってきました。
このときのこともまた書きたいな~と思ってるんですが……需要はあるでしょうか。
まあ、なくても書きたくなったら書きますすみません。

IMG_2876.jpg

開門すぐに球場入りすると、ビジターチームの選手が練習しています。
いつも行ってる神宮球場、横浜スタジアム、東京ドームではカープがビジターなのでカープの練習風景を見れるんですが、今日はカープがホーム。
だってズムスタだからね。
本拠地だから。
わざわざ来た本拠地だから!!

今日の対戦相手はヤクルト。
ヤクルトはこの前日、10月2日に優勝を決めました。

余談ですが、10月2日の夜、私は草野球をしていました。
草野球後はいつも仲間と居酒屋で野球談議に話を咲かせるんですが、この日の居酒屋では全員が無言でスマホの野球速報とにらめっこ。

だって優勝かかってる試合ですからね。
野球好きならそりゃ気になりますから。
メンバーはカープファン、ベイスターズファン、西武ファン、とヤクルトファンはひとりもいませんでしたが、でもやっぱ気になりますから。

優勝をサヨナラで決めたヤクルト。
胴上げ、そしてビールかけ。
その後はスポーツニュースに生出演。

「こりゃヤクルトの選手はみんな二日酔いじゃ!テレビも出とるし寝不足じゃろう!カープ勝てるわ!」
というのがカープファンの大方の予想だったんですが……。

IMG_2874.jpg

なんかみんな元気なんですけど。
顔色悪い選手なんかどこにも見当たらないんですけど。
なんだよもっとちゃんと飲み明かしてよ。

ヤクルトの練習を眺めてたら、ちょうどこの日に観戦に来ていた知人のおっちゃんが声を掛けてくれました。
「お久しぶりです~」とカープ談義をしてると、「はい、これ。今日は岡田さんが来るから買っといたよ」と買い物袋を渡してくれました。
中身は……。

IMG_2879.jpg

パン。
左のパンはカープ坊やのプリントが(これは「プリント」って言い方でいいんでしょうか。焼印?)、そして右のパンは赤ヘル型のふわふわりんごパン。

「なんすかこれ?!どこで売ってんですか?!」と聞くと、広島駅にあるパン屋さんなんだとか。
うーん、広島……相変わらずすげぇなぁ。

広島の人たちは、本当にカープを愛しています。
街を歩いてると、あっち見てもカープ、こっち見てもカープ。
福岡のホークス人気、大阪・兵庫の阪神人気もかなりのものですが、広島はその比じゃありません。
福岡や大阪は「野球が好きな人」という前提でのホークスファン、阪神ファンですが、広島は「そこに住んでる」というだけで当たり前に「カープファン」。
(中には巨人ファンや他球団ファンももちろんいますが)

「広島の人間にとって、カープは『ファン』ゆうのとは違うんじゃ。カープは『宗教』じゃね。初詣に行くように当たり前に球場に行くし、仏壇に手を合わせるように当たり前に応援するし、グッズ買うのだって『お布施』じゃけえ」
と、以前ある広島人のおっちゃんが言っていましたが、カープを知れば知るほど、広島を知れば知るほど、この「宗教」の例えがしっくりきます。

そんな広島の人たちですが、この日はいつも以上に常軌を逸していました。
広島駅に降り立つと、飲食店やおみやげ屋さん、そしてカフェなどなどの店員さんが老若男女関わらずフツーにカープのユニフォームを着ています。
お店のディスプレイにはカープ坊ややスラィリーなどの人形が鎮座しています。
洋服屋さんのマネキンまでカープのユニフォームを着せられていて、「洋服屋におけるマネキンの役割って一体なんだろう」と考えさせられます。
もう、街全体がカープカープカープカープ……。

「なんすかこれ?CS出場かかって盛り上がってる時期だとしても、やり過ぎじゃないですか?これ、『カープ愛』じゃなくて『頭おかしい』レベルですよ」
と、ある広島人に言うと
「ワシもそう思う。でも東京からわざわざカープの1試合見るためだけに広島に来た岡田さんには言われとうないわ」
と返ってきました。
いや、そりゃそうかもしれませんけどね。

さて、プレイボール。

IMG_2883.jpg

試合は8回表2アウトまで来て、4-1とカープがリード。
「おし、これは勝ちじゃな。あとは明日の阪神戦に勝てばCS決定じゃ」と場内の空気は目の前の試合よりも「明日勝ったらCS!」ムードに包まれ……かーらーの、3点入れられてまさかの同点に。
そして延長戦へ突入。

「カープが裏の攻撃なんじゃけえ、カープが有利じゃ」
「もし引き分けても、明日勝てば最終戦は引き分けでもええんじゃけ」
の周囲の声も空しく、延長11回表、2点を追加されて結局逆転負け。

うそおおおおおおおおん……。

茫然とグラウンドを眺めてると、周りのみなさんが
「わざわざ東京から来てくれたのにすまんのう」
と口ぐちに謝ってくれました。
「いや、こういう試合も全部含めてカープファンやってますから!こういう悔しい負け試合があるから、勝ち試合が嬉しいんですもんね!」

ちなみに、「負けがあるから勝ちが嬉しい」は、パンをくれたおっちゃんの口グセです。
カープが負けてがっくりしてると、いつもこの言葉をくれます。
カープファンの心理がよく表れている、とても前向きな言葉だと思います。

「明日の甲子園、応援頼むよ!」
さっきまで謝ってたかと思うと、今度は私に懇願し始める周囲のみなさん。
この日カープが負けたことで、カープがCS(クライマックス・シリーズ)に進出するためには、残りの2試合を2連勝しなければならなくなりました。
もう、後がありません。
カープファンも全員、必死です。

「ワシの分も応援してきて!甲子園でこれ飛ばしてね!」
隣の席のおっちゃんは、こう言ってある物を渡してくれました。
「15」の印が入った、赤いジェット風船2つ。

15は黒田選手の背番号。
このジェット風船は、ズムスタで黒田選手が先発する日限定で販売されているレアグッズです。
そして、明日の甲子園では、黒田選手が先発します。

「分かりました!甲子園で思いっきり飛ばします!」

2つのジェット風船を手に、ズムスタを後にしました。

(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ