■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ホームランボールゲット!! その2

(先週の続きです)

IMG_2405.jpg

小窪の満塁ホームランボールをゲットした岡田さん。

あ、この写真ですが、右手を顔の横に持ってきてるのは、決してかわいく見せようとしてるワケではなく、手首の腫れを一緒に写したかっただけです。

というのもですね。
ボールを右手でキャッチしようとしたんですが、アホ丸出しな岡田さんは握ってたメガホンをサル並みに放さず、結局手首の内側で受け止めたんですよ。

硬球を。
ライナーを。
手首の内側の柔こいとこで。

そりゃ腫れますよね。
ボールの縫い目までくっきり残ってました。

もう、すっげー痛かったです。

「うお超いってぇ~~~!!」とバタバタしてたら警備員さんが「大丈夫ですか?!」とすっ飛んできてくれました。
まあ、別に骨がどうしたとかではないんですけどね。

痛みは3日間ほど引かず、いやーでもデッドボールの方がもっと痛いんだろうなぁ。
いくらライナーだったとはいえ、ホームランよりピッチャーの投球の方が速くて重いだろうし、そらデッドボール痛いわ。
そら乱闘起きるわ。

手首で受け止めたボールは足元をコロコロ転がり、二つ隣の席のFさんが拾って「はい」と渡してくれました。
ホームランボールはそらもう取り合いで、誰にぶつかろうが最終的にゲットした人の物になるんですが、Fさんは「これは岡田さんが受け止めたボールだから」と笑顔で渡してくれました。

懐の広すぎる方です。
Fさんもカープの大ファンなのに、カープ歴は私より断然長いのに。
本当にありがとうございます。

なので、正確に言うと、ホームランボールを「捕って」はないです。
あくまでも「取った」ってことで。

で、ホームランボール受け止めた瞬間の動画ありました!!



スライリーの着ぐるみ着てるのが私です。
ボールが手首に直撃してあまりの痛さに固まってるのが私です。

痛みに耐え、「取ったど~!」と周りのカープファンと満塁ホームランの喜びを分かち合ってたら、パシャパシャと写真撮られました。
「こっち向いてください~!」「はい、こっちも~!」と芸能人の婚約会見気分でした。
見せつけてるのは指輪じゃなくてボールですが。

その後、周りのファンに「触らせてください!」と言われ、「どうぞどうぞ~」で、しばらくボールはどこかへ。
もうどこの誰に回ってるのかも分からず、「ちゃんと返ってくんのかな?」とちょっと不安になりましたが、無事手元に戻ってきました。
カープファン、民度が高いです。

聞くところによると、ホームランボールをせっかく取ったのに、「見せて見せて~触らせて~」とあちこち回されてるうちに誰かに盗られちゃったというのはよくある話なんだそうですが、しかしカープファン民度が高いです。

あ、でもそうはいかないときもあるかもしれませんので、私の話を信用し過ぎないようにお願いします。

小窪の満塁ホームランが決勝打となり、ヒーローインタビューはもちろん小窪。
初の満塁ホームランなんだそうです。
いやー、すげーボールゲットしちゃったなぁ。

帰り道、連れに「今すぐコンビニ行ってtotoを買え」と言われました。
「今、あんたは〝持ってる〟から」だそうです。

しかしコンビニには寄らず、いきつけの飲み屋さんへ。
一杯ひっかけつつホームランボール見せびらかしてたら、明日競馬に行くというおっちゃんに「ツキを分けて!なんでもいいから好きな数字言って!」と懇願されました。
とりあえず小窪の背番号「4」を答えましたが……。

競馬、どうだったんだろう……。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。