■【質問】志願票の写真と試験時の服装

【質問】
予備自衛官補受けようと思ってる大学生です。
志願表の写真と試験時の服装は私服でしたか?スーツとか着ましたか?


【回答】
試験のとき、私はスーツで行きました。
やっぱり「採用試験」ですからね。
就活と同じ感じで。

わざわざリクルートスーツまで揃えなくてもいいと思いますが、大学生だったら入学式とか成人式とかで着たスーツでいいと思います。
もし手持ちがなかったら、カチっと目のジャケットとか……うーん、やっぱスーツが無難だろうなぁ。

のちのち就活でスーツを買うんだったら、先に買っちゃってもいいかも。
大学生だとなかなか金銭的に厳しいかもしれませんが……。

採用試験のとき、スーツじゃない人もちらほら見ました。
その人たちの合否までは分かりませんが……。

スーツ着とくと、気持ちもパリっとして面接とかでも堂々と話せると思いますよ!

そして志願票の写真ですが……。
わざわざ撮った記憶がなく、さーて、何の写真を使ったんだろうと思い起こし……あ、募集案内所で撮った写真だ。

確かまだ「おし、予備自補受けるぞ!」というほどの気持ちも固まらないまま、とりあえず試験範囲とか聞いてみようかな~と京都の東本願寺向かいにある募集案内所に行ってみると、「志願票も受け付けてますよ! 今出しますか?」と言われ、
「あ、いや、その……(つーかまだ受けるかどうか決めてないし)」
「志願票は持って来ましたか?」
「えーと、まだ書いてなくて写真も撮ってなくて……(だから今日は出すつもりないんだってば!)」
「じゃあ今書いちゃいましょう。写真もこちらで撮りますよ!」
で、あれよあれよとデジカメで写真を撮られ、志願票を書かされ、提出……ああ、私志願しちゃったよ。……な感じでした。

恐るべし、地本。
ええお仕事してはります。

でもおかげで予備自補、そして予備自衛官になることができて、お仕事でも自衛隊に関わるようになれて、こうやって読者の方とも接することができています。
もしあのとき広報官さんが「そうですか。じゃあまた持ってきてくださいね」とかの緩い対応(というか通常の対応)だったら、私の性格上もうめんどくさくなって志願票出してなかったかも。
そしたら今の私はないし、自衛隊関係で知り合った方はみなさん見知らぬ方だったワケで……。

そう思うと、あのときの広報官さん、めちゃめちゃありがたいなあ。
無理矢理写真撮ってくれて志願票書かせてくれて、本当に大感謝でございます。

なので、私の志願票の写真はスーツではなく、そのへんにお散歩に行くような服装だったと思います。
なに着てたのかまったく覚えてませんが、募集案内所まで歩いて行ける範囲だったから、たぶんジャージとか着てたんじゃ……。

まあ、でもこの写真もほんとはスーツが無難なんでしょうね。
あんまり奇抜な服装じゃなければオッケーだと思いますが、採用試験のときに着るスーツを試しに着てみて、ついでに携帯でパシャっとやっといて、その写真をプリントアウトして……ってやっとけばそんな手間じゃないかも。

なにか不安なことがあったら、地本の担当者さんにも聞いてみてください。
親切あり、力技ありでいろいろ教えてくれると思いますよ。

さて、今年も採用試験の季節。
受験生のみなさん、「予備自補になりたい!!」という気持ちをぶつけて、がんばってください!
予備自になって、一緒に訓練やれる日を楽しみにしています!


スポンサーサイト

■コメント

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ