■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ビバ!旧仮名遣い その1

例外もありますが、仕事の上で使う言葉には、新聞や教科書などで使われる「現代仮名遣い」を正しく使用しなければなりません。

これが、なかなかむずかしいです。

これが、なかなかむづかしいです。

さて、上記2つのうち正しいのはどちらでしょう?

東日本出身の人には簡単な問題かもしれません。
西日本出身者でもきちんとお勉強をしてきた人にとっては簡単な問題かもしれません。
でも私は毎回「どっちだっけ??」と辞書に手を伸ばしてしまいます。
そして「ああ、『むずかしい』だ」と、納得します。
ウソです。納得しません。
たんびフツフツと怒りが沸き起こります。

なんで「む“ず”かしい」なんだ?!
元の言葉は「む“つ”かしい」だろ?!
「鼻血」は「はな」の「ち」だから「はなじ」じゃなくて「はなぢ」なのに、なんで「むずかしい」は「むつかしい」から変化した「むづかしい」じゃないんだ?!
納得いかん!!!

しかし1986年に内閣告示された現代仮名遣いでは「むずかしい」となっているので、私がいくら吠たえたところで「むずかしい」が正解の大ピンポンです。

東日本より西日本出身者のほうが「むずかしい」を「むづかしい」と間違いやすいのは、古来からの「むつかしい」という言葉が方言として現代にも残っているからです。
地域や世代によると思いますが、私も「むつかしい」という言葉を使っていました。
しかし「むつかしい」は標準語ではないということは分かっているので濁点をつけ、そしてうっかり「むづかしい」と書いてしまうわけです。

でも現代仮名遣いでは「むずかしい」なんです。
旧仮名遣いでは「むづかしい」だったのに、お上は「今は“づ”じゃなくて“ず”!!」と言ってきやがるんです。
いくらお上の定めとはいえ納得いかないものは納得いかないんですが、仕事で言葉を使う以上、一般に広く知られている日本語を使わなければなりません。
現代仮名遣いを使わなければいけません。
なので泣く泣く信念を曲げて「むずかしい」と書きます。

ああ……現代仮名遣いめ……。
美しい日本語をむちゃくちゃにしやがって……。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。