■ズッコケ その1

「ズッコケ」。
それは、ボケをより面白く演出する、素晴らしい表現方法です。

有名なところでは吉本新喜劇。

花月うどんに、チャーリー浜が「ごめんくさーい」と入店してきたら、店内にいる店員・客などは全員ハデに転び、ズッコケます。

井上竜夫が「おじゃましまんにやわ」と入店したときも同様です。
末成由美が「ごめんやしておくれやしてごめんやしー」と入店したときも、島田一の介が高音で「おじゃまします」と入店したときも、安尾信乃助が「おじゃましますか」と入店したときも、桑原和男が「ごめんください」「どなたですか」「向かいの和子です」「お入りください」「ありがとう」と一人二役で入店したときも、出淵誠が「おじゃま……おじゃま……おジャーマンスープレックス!」と入店したときも、あ、もういいですかすいません。

このズッコケ。
簡単そうに見えてなかなか難しく、そしてそれは場の盛り上げを大きく左右するほど重要です。

では、ズッコケの動作。
基本は、前に後ろに横に倒れます。
そのとき、よりアクションが大きく見えるように手を、足を大きく伸ばして倒れます。

そして同時に大きな音をたてることもポイントです。
うどん屋の店員の場合は、手に持ってるお盆を倒れながらカウンターなどにぶつけ、大きな音をたてます。
椅子に座っている人は、椅子から転げ落ちると同時に椅子を倒し、大きな音をたてます。
お盆も持っておらず、椅子にも座っていない人は、横にある机や椅子に倒れかかり、倒す、ずらすなどして大きな音をたてます。
お盆も持っておらず、椅子にも座っておらず、そして近場に机、椅子などの大きな音が望めるものがない場合は、床に倒れるときに手のひらで床を叩くなどして大きな音をたてます。

ここまでして派手にズッコケます。

書いてみると案外簡単そうですが、これは本当に難しいようで、若手座員などのズッコケは見ていて「あーまだまだだなー」と思ってしまいます。
どうしても不自然さが出てしまいます。
いや、偉そうに言いながらやれと言われても私はできないんですが。もちろん。

逆に若手でもこのズッコケがうまい人は、「お、いい新人だなー。名前覚えとこ」と注目します。

ズッコケはそれほど難しく、簡単そうな基本のようでとても重要です。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ