■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■モテる自衛隊!

TBSドラマ「空飛ぶ広報室」、第4話は痛恨の録画ミス。
あーあ。防大見たかったなぁ。

でも第5話はちゃんと撮れてました。
先日お世話になった入間基地広報さんがめちゃめちゃエキストラ出演されてて笑いました。
笑うシーンじゃないんですけど。
見知ったとこがあると、なかなかストーリーに集中できず……。

そしていつもお世話になってる別に空飛ばない広報室……というよりあそこは「広報課」か、の方がエキストラ出演されてると聞いて、でもどこ見てもそれらしい人はいなくて、どのシーンでどんな風なことをやってたのかも聞いて再度見たものの……分からん!!
「たぶん、あの人影かな?」というのはかろうじて分かりましたが……。

しかし広報さんだけじゃなく、ほんとたくさんの自衛官さん出演されてますね~。
お忙しい中で大変だったでしょうけど、いい記念&いい経験として今後に活用できたら。

ストーリーも徐々に恋愛要素が深くなってきて、飲みながら見てたら「うおーちきしょー私も恋してぇなぁ!」とかうっかりクダ巻き始めてしまいそうです。
視聴者をこんな気分にさせるって、ほんといいドラマですね。

以前から、自衛隊広報のはじっこを担ってる身として、常々願ってることがありました。

「自衛官をモテる職業に!!」

……とか言うと目的トチ狂ってそうですが。
でも、組織や人が「世に理解をされる」ということの、一番の分かりやすい結果が「モテる」だと思うんです。
組織や人がモテモテになったときは、それらがちゃんと理解されてるってことだと思うんです。

まあ、中には「誤解」も含まれることもあるかもしれませんが。
でも、少なくとも、長いこと世にそっぽ向かれてた自衛隊にとっては、「モテる」というのはとてもいい目に見える「理解」の結果だと思うんです。

「海猿」がぶいぶい言わせてたとき、女子友たちが
「こないだ海猿合コンやったんだよ~」
「えー! いいなー!!」
とか海保さんとの合コン話にきゃいきゃい話を咲かせてたときは、正直悔しかったんです。
「海保がなんぼのもんじゃい! 自衛隊だってなぁ!」と。
いや、海保さんも「モテる」になるべき是非モンな方々なんですが。
でも、あの当時は海保官と自衛官との扱いの落差が悲しかったんです。

そして時は過ぎ。
絶対に起こって欲しくなかった大規模災害で、しかしそんなときに活躍するのは自衛隊で、結果として自衛隊は世間から好意的に見られる組織になりました。

―「自衛隊は税金のムダ遣い」と揶揄されるのは、日本が平和な証拠

というのは、もうずいぶん昔から言われてることですが、とても悲しいことに自衛隊が感謝されるような事態が起こってしまいました。
でも、それは「災害が起きたから」というだけでもなく、「これまで自衛隊が培ってきたいろんな力が目に見える形で発揮されたから」こその評価だと思うんです。
ほんとは、なにも起きなくても、評価されると……「モテる」と嬉しいんですが。
まあ、なかなか、ね。

そこで「空飛ぶ広報室」。
原作だけでなく、こうやって「ドラマ」として世に広まることで、「モテる」自衛隊ができあがってきてる感じがしてとても嬉しいです。


関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■Re:モテる自衛隊! [現役航空自衛官(昭和47年生れ)]

岡田真理さま、こんにちはです。
空飛ぶ広報室見ているとどうしても、現自からすれば突込みどころ満載です。
だけど、最近は、あの時間というか日曜日は夜勤が入っていたりして見れていません。
それと、恥ずかしい話ですが、家にはレコーダーが有りません
ドラマだとどうしても一部フィクションになってしまいますね。
だけど、少しでも自衛隊のこと広めてくれる番組が増えてほしいものですね。
空自を題材にすると、救難、飛行機、輸送や高射になってしまい、私たちみたいな、サイト勤務をするものを題材にすることがないですからね。
そういえば、こんな思い出があります。
自衛隊に入隊したころに人に、職業や勤務地聞かれてこんな反応されました。
Q:職業は?
A:航空自衛隊です。
Q:いつも飛行機に乗れていいですね。
A:飛行機に乗ることはありません。
Q:どこで勤務されているのですか。
A:京都です。
Q:京都の街中にあるのですかいいですね。
A:京都の北の、目の前は日本海です。
Q:京都に海があったのですか。
A:ありますよ。
日本人よもっと地理の勉強しなさい。
自衛官も一人一人が時間のあるときに少しでもいいから自衛隊のこと広めないといけないと常々思っています。

■え、自衛隊はモテないのですか? [アンジェラ]

真理さん、初めまして!私からすると海保より自衛隊の方が身近なのですが…(横須賀、近いし)というか、出会いの場が少ない感じがします。あと「若い女の子がいい」になってしまうと難しいでしょうね(苦笑)かえって、ある程度の年齢の方がドッシリしてるかも!

■Re:モテる自衛隊! [33歳男]

こんにちは。

今回の予備い自衛官補の試験(技能)に合格しましたが意向書は無しでした・・・。

気持ちが高まり、youtubeなどで自衛隊の動画を見たり、図書館で本を借りたりしていたのですが、意向書無しの順番待ちということを知り、テンションが下がり気味です。

ずばり質問です。

名簿失効日(2年間)まで意向書の届かなかった人はいますか? そういう人を聞いたことはありますか?

お返事いただけるとありがたいです!

■Re:モテる自衛隊! [桃太郎]

初めまして。
著書の「おひとりさま自衛隊」
読ませていただきました。

とても楽しく、また読みやすい文体で、
夢中になって一晩で読破しました^^

私事ですが、私は現在工学系の大学院生です。
このたび、
予備自衛官補の試験に合格することができました。
今年の夏から初めての訓練が始まるのですが、
体力面やその他もろもろのことに
かなり不安になっています。

訓練を受ける前に
何かしておいた方がよいのでしょうか?
(腕立て伏せは一回もできません・・・)

また、訓練に持って行った方がよいものがあれば
教えていただきたいです。
靴下は絶対に買おうと思います。

長々と申し訳ありません。
予備自衛官補の訓練を受けてみて、
来年、一般幹部候補生の試験も
受験したいと考えています。

こうして女性で、予備自衛官として
立派に働いている方がいて
とてもうれしく思います!

訓練及び、執筆活動頑張ってください。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。