■2013年03月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【質問】予備自の認識番号は?

【質問】
予備自の認識番号のアルファベットは何ですか?

常自の陸の場合は、幹部:GO 曹士:GE
常自の海の場合は、幹部:MO 曹士:ME ←ここだけうる覚え
常自の空の場合は、幹部:AO 曹士:AE
ですが、予備自ってどうなるのですかね。


【回答】
こちらも現役航空自衛官さんからの質問です。

自衛官のことを予備自衛官と区別する場合、「現職自衛官」とか「常備自衛官」というのはよく聞くんですが、「常備自衛官」を略して「常自」というのは初めて聞きました。
まあ、陸海空や地方、部隊でいろんな略語や用語がありますからね……。
勝手に略してたりすると、別部隊の方に「??」という顔をされるのは私もよくあります。。

さて認識番号。
自衛隊では、自衛官ひとりひとりに認識番号というものが割り振られています。
小中高の出席番号、大学の学籍番号みたいなものと思ってもらえれば。

で、その認識番号に、陸上自衛官の場合は頭にG(Ground Self-Defense Force のG)、海自はM(Maritime Self-Defense Force)、空自はA(Air Self-Defense Force)が付きます。

が、幹部と曹士でその後にOやEが付くのは私も初めて知りました……。
認識番号は身分証明書にも書かれてるので、私も自衛官さんのを見せてもらったことは何回かあるんですが、O・Eには気付きませんでした。
今度またしっかり見てきます。

で、予備自の場合……というよりこれも陸海空や、元自衛官の予備自衛官・公募予備自衛官で差があるのかもしれないのでとりあえず私の場合。
Gの後にはアルファベットはなく、数字が来ます。
私はG19*****です。
一応、後半は伏字で。
こちらは、予備自衛官の任官時ではなく、予備自衛官補での入隊時に割り振られた番号です。
その番号を今もずっと使っています。

でも、認識番号って一度付いたら一生変わらないって聞いたんですよね。
例えば、予備自衛官補で一度認識番号をもらったら、その人がその後予備自になろうが、予備自補・予備自を退職して現職の陸上自衛官として入隊しようが、ずっと同じ認識番号だと。
陸の予備自補→退職して海・空の自衛官に……の場合は別の番号になるみたいですが。

ということは……OとかEとか存在したらややこしくね? と今思ったんですが(少なくとも「公募予備自衛官」というものが存在してる陸は)……。
うーん、どうなんでしょう。

ちなみにこのご質問を頂いた自衛官さんの場合、認識番号のアルファベットの次に来る数字は本籍地を表すものが付いてるとのこと。
でもこれも私と周囲には当てはまらないんですよねぇ。
同期の予備自補、本籍関係なくG19*****ばっかりですから。

またちょいと調べてみます。
詳細は宿題とさせてください。
すみません!!


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。