■スカウト

■スカウト

歯医者に行くため、都内某駅へ。
改札を出て駅前広場を突っ切ってると、「すみませ~ん」と背後から男性の声。

最近、改札を出て財布をしまうときに帽子やらイヤホンやらをぼたぼた落としたまま気付かず歩いて、背後から「落としましたよ~」と声を掛けられるようなご迷惑な人間になりくさってるので、「わ、またなんか落としたか?!」と振り返ると、差し出されたのは「芸能プロダクションXXXXX」と書かれた名刺。
これは……私のじゃないなぁ。

「あの、私、芸能プロダクションXXXXXの○○と申します」
「???」
「スカウトのお話なんですが、少々お時間を……」
「……失礼します」

なんだなんだなんのスカウトだ。
熟女モノか、だったらまだいいけどどうせ覆面とか犯罪とか獣とか排泄物とかえーいバカにすんじゃねーこちとら田舎もんだけどそんなんに騙されるほどバカじゃねーよ! このゲス野郎が! と少々ご立腹しながら歯医者へ。

待合室でのヒマつぶしに、「芸能プロダクションXXXXX」を検索してみると……どうやらそっち系じゃなく、普通のプロダクションのもよう。
あらごめんなさい。
ゲスは私ですわねおほほほほ。。。。。。

いろいろ調べてみると、芸能プロダクションXXXXXは私も聞いたことあるタレントさんも在籍してるようで、そして私と同じように街角でスカウトされた人の書き込みもちらほら。
事務所に入った人の話では、ドラマ・映画のエキストラやテレビの再現VTRなんかに出演したり……だけど、最初にプロフ写真代やら教材費やらで数万円払わなければならないとのこと。
なるほど、そっちか。

歯医者も終わり、また来た道を歩いて駅へ。
駅前広場を突っ切ってると、「すみませ~ん」と背後から男性の声。
振り返ると、さっきの人。

「あの、私、芸能プロダクションXXXXXの○○と申します」
「いや、私、さっきも……」
「……あ! さっきの! すみません!!」

そそくさと走り去ってく男性。
悪い人じゃなさそうなんだけど……いろんな人に声掛けまくってんだろうなぁ。大変だなぁ。

しかし行きも帰りも声掛けられるとは、私はよっぽど「あなたも芸能界への道が!」って言われたら数万円払いそうに見えたんだろうか。
それとも再現VTRかなんかでよっぽどピンと来る役どころでもあったんだろうか。
なんだなんだなんの役だ。
姑にスイカぶつける鬼嫁か旦那の歯ブラシで便所掃除する悪妻か。
それとも別れ話のもつれから不倫相手を刺しちゃう負け犬こじらせた行き遅れ女か。
ちきしょう。

とりあえず、この駅に行く時はぼへっとした顔でちんたら歩かず、キッとシャキシャキ歩くようにしようと思います。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ