■富士総合火力演習 ネット中継!

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■富士総合火力演習 ネット中継!

先日、陸上自衛隊の富士教導団に取材に行ってきました。
富士教導団がどんな部隊なのか……の詳しくはMAMOR1月号(11月21日発売)をご覧いただくとして。
(原稿がんばります)

富士教導団といえば富士総合火力演習。
毎年夏に一般公開されている、富士総合火力演習の実行部隊がこの富士教導団なんです。

取材では、この公開演習のための訓練を見させて頂きましたが、「あーやっぱ自衛隊ってすごいわ」を改めて実感しました。

で、8月26日(日)の10時から、この富士総合火力演習がネット中継されます。
隊員の見事な動作、そして実弾射撃の命中精度をぜひご覧ください。
http://www.mod.go.jp/gsdf/fan/fire_power/live.html

いやーほんとね、もうバッスバス当てるんですよ。
機関銃も大砲も戦車砲もミサイルも、当たり前のように命中命中。

あんまり当然のように当てるからなんのこたぁなく見えますが、でもこれほんとはすげー難しいことで、特に大砲の同時弾着で富士山の形を描くのなんかは、他国の軍人さんから「クレイジー」と言われてるほど。

総合火力演習には各国の軍関係者、そしてもちろん近隣諸国の軍関係者さんもご招待されます。

ある意味、世界に「手の内を明かす」演習公開ですが、こうやって
「自衛隊にはこんな実力があるんだ」
とアピールすることで、
「日本に対して武力攻撃をしたらこんな相手と戦わなきゃいけない」
と実感してもらえます。

「演習を公開することが、抑止力になる。だから我々は陸自最高のパフォーマンスを見せなければならない」
とは富士教導団の方の言葉。

なんだか西の方がキナ臭い今日この頃ですが、外交努力とこの最高の抑止力で、どえらい自体を免れられることを願います。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。