■だったら憲法改正する?

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■だったら憲法改正する?

安全保障を法律でどう定めるか。

……これ、今の日本だと、
「自衛のためにどんな武力を持つべきなのか」
ということになります。
どんな武力を持つのか、その武力をどう行使するのか……これを、日本が置かれている安全保障環境から考えていくワケです。

で、
「こういう武力を持った方がいい」
「こういう行使はしない方がいい」
などなどの議論が交わされていくのが理想(というか当然のこと)……のはず、なんですが。

残念ながら、その「前」の段階で止まっちゃってる方々がいらっしゃいます。
「そもそも武力なんかいらない」
「日本がどんな状況に置かれようと、武力は絶対に行使すべきでない」
「あらゆる武力を放棄すべきだ」
と。

「武力を行使するくらいなら、侵略されてもいい」
「目の前で娘が乱暴されても、息子が殺されても、武力は行使すべきではない」

世の中には、いろんな考えをお持ちの方がいらっしゃいます。
人それぞれに考え方は違いますし、どんな意見を持とうとそれは自由です。
個人の考えで、個人の生き方を選べばいいと思います。

でも、国家はそうはいきません。
国家には、国民を守る責任があります。
「国民が殺されても、国民の財産が侵略されてもいい」というワケにはいきません。

日本は、これを憲法13条で定めています。

憲法13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする

ので、もし日本を
「あらゆる武力を放棄しよう。侵略されても殺されてもいいから、自衛のための武力すら放棄しよう」
という国にしたいのであれば、まずこの憲法13条を改正しなければなりません。

3月に施行された平和安全法制(安保法制)では、集団的自衛権の行使が「限定的に」容認されましたが、これは憲法13条を遵守するためです。

平和安全法制をざっくり解説

(PDFファイルはこちら)
http://okadamari.web.fc2.com/zakkuri.pdf

余談ですが、憲法9条が放棄している武力も限定的です。
「国際紛争を解決する手段としての武力」のみを放棄しています。
自衛のための武力は放棄していません。

以上をちゃんと認識し、

「今、日本はどんな安全保障環境に置かれているのか」
「そのためにどんな武力を持ち、どう行使すべきなのか」
「これらを法律でどう定めるべきなのか」

という建設的な議論が交わされることを、心から強く強く望みます。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。