■真中監督

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■真中監督

先週は勝手なギブアップにも関わらず、温かいお言葉を頂きましてありがとうございました。
そしてご心配をお掛けしてすみません。

体調はまったくの元気いっぱいなんですが、長時間パソコンを見るのが辛くなっており……。
あ、これを「体調悪い」って言うのか?

お仕事ができなくなると生活もできなくなってしまうので、パソコン見るのはできるだけ「仕事のみ!!」にして、その他の時間はパソコンから離れるようにしています。

家に居たらどうしてもパソコンとにらめっこしてしまうので、なるべくお外に出よう……どこ行こう……で、結果、神宮球場に通いっぱなしでした。
ちょうどカープ戦が続いてたので。

広くて緑あふれるフィールド、そして脳みそ揺さぶられるゲームで、だいぶ目の調子も良くなってきています。
前ほどは辛くないかな。

……という現状報告だけではアレなので、ひとつ小話を。
といってもやっぱり野球話なんですが。

先日、行きつけの飲み屋さんでナイター中継を見ていました。
東京人のお客さんばかりなので、試合は巨人vsヤクルト。
試合は延長戦にもつれ込み、ヤクルトがサヨナラ負けという結果でした。

で、負けが決まった瞬間、ヤクルトの真中監督が「しゃーないなー」的ないい表情をしてて。
怒るでもなく、がっかりするでもなく、選手を責めるでもなく、苦笑いないい表情をしてて。

「真中監督、いいですよね~。あんな人の部下になりたいですね~」
とつぶやいたら、店長さんが
「真中いいよね~。あんな上司になりたいね~」
と。

ああ、こういうとこに人間の器って出るよなぁ、と。
「誰かになにかをしてもらう」じゃなくて、「自らがこうなる」ってほうが器がでかいなぁ、と。
同じ「真中監督」を見ても、普段の考え方が出るよなぁ、と。

「よし、私も『真中監督みたいな人の部下になりたい』じゃなくて『真中監督みたいな上司になりたい』と考えを改めるぞ!」
……とはすぐにはいかないので、とりあえず
「『真中監督みたいな上司になりたい』という店長のようになろう」
ってところに目標を定めたいと思います。

少しずつ、一歩ずつ、で。

さて、今日のこのコラムは「ちゃんと更新した」と言えるものでしょうか。
来週もぼちぼちがんばります!
……の前にお仕事ちゃっちゃと片付けます!!


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。