■予備自衛官芸人さん増殖中!!

■予備自衛官芸人さん増殖中!!

「自衛隊という名前を軍に変えるべきかどうか」シリーズの途中ですが、別のお話。

先日、お二人の予備自衛官芸人、フルーツポンチの亘健太郎さん、トッカグンの小野寺耕平さんと飲み会をしました。

IMG_3098.jpg

亘さんは元航空自衛官で、自衛隊を任期満了退官し、芸人さんデビュー。
そして、2014年に航空自衛隊の予備自衛官に任官しました。
陸と空との違いはありますが、予備自衛官仲間としてお付き合いさせて頂いています。

亘さんとは2011年の1月にインタビューをさせて頂いたのが初対面だったのですが、そのとき
「退職するときに予備自衛官に誘われたけど断ってしまったんです。今思えば予備自衛官になれば良かったと後悔しています」
と話す亘さんに、
「退職した後の今でも予備自衛官になれるんですよ。一緒にやりましょう!」
と勧誘しました。

「まあでもお忙しい身だし、無理だろうな~」と思っていたんですが、亘さんはずっといろいろ考えていたそうで、意を決し志願、そして任官。
お忙しい中、お仕事をやりくりして訓練にも出頭しています。
本当にお疲れ様です。

亘さんの話題はこちらでも書いてますので、興味がありましたらどうぞ。

フルーツポンチ・亘さん
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-25.html

元自衛官の予備自衛官応募資格
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-202.html

そしてトッカグンの小野寺さんは、今回が初対面でした。
YouTubeチャンネル「トッカグンの東京サバイバル」はちょくちょく見てたんですが、今回、亘さんが小野寺さんに声を掛けてくれてお会いすることができました。

トッカグンの東京サバイバル


トッカグンの小野寺さん、そして相方の佐藤昌宏さんは、お二人とも元陸上自衛官。
亘さんと同じく、任期満了退官後に芸人デビューされました。
コンビ名の「トッカグン」は、小野寺さん、佐藤さんのお二人とも野戦特科職種で特科群に所属されていたからなんだそうです。

小野寺さんは、ちょうどこの一週間前に予備自衛官に志願されたとのこと。
任官はもうちょっと先になるので、正確にはまだ「予備自衛官芸人」ではないんですが……。
まあ、もうすぐ問題なく任官されると思います。

小野寺さん、現職自衛官時代は体力検定も射撃検定も超すばらしい成績だったとのこと。
こんな優秀な方が予備自衛官に志願してくれて、一予備自衛官としても、そして一日本国民としても嬉しい限りです。

さて、飲み会。
主な話題は
「どうすればたくさんの人に予備自衛官制度をPRできるのか」
でした。

世間ではまだ「予備自衛官?なにそれ?」が現状です。
予備自衛官がなんなのかということが伝わってなければ、訓練や有事、災害での招集に応じることは難しくなります。
招集に応じるためには仕事を休まなきゃいけないのでお仕事関係のご理解が欠かせませんし、またその間おうちを空けることになるので家族の理解も同様。
しかし、「予備自衛官?なにそれ?」の現状。
これでは予備自衛官が招集に応じられませんし、このままでは国防は成り立たなくなってしまいます。

「予備自衛官の制度を知ってもらうってより、まず『予備自衛官』って言葉をたくさんの人に知ってもらわなきゃですよね」
が、亘さん、小野寺さん、私の共通の思いでした。

私もずっと「予備自衛官」という言葉のPRを続けていますが、やはり私の力じゃ足りなさすぎます。
しかし芸人さんには知名度や話術(伝える能力)という大きな力が。
亘さん、小野寺さんが「予備自衛官を広報したい!」と同じ思いを持っていたのを知れて、本当に嬉しい飲み会になりました。

そして飲み会では大きな話題がもうひとつ。
「亘さん、空自じゃなくて陸自の予備自衛官になりましょうよ!」

予備自衛官は陸自の方が圧倒的に人数多いから訓練日程もたくさん設定されてるし、だからスケジュールのやりくりもしやすくなるし、それに出頭する駐屯地もアクセス便利だし……って亘さんを陸自に引き抜いたら空自の人に怒られそうですが。

あ、でも一番「陸自にしましょう!!陸!陸!!」ってしつこく言ってたのは私じゃなくて同席してた別の人ですからね。
もし亘さんが陸自に行ったとしても私のせいじゃないですからね。
私はただ「陸の場合はこんな訓練日程で……」って事実を伝えただけですからね。
もし今後亘さんが陸自に行っても私に怒らないでくださいね。

……という飲み会話の流れで予備自衛官募集のお知らせ。

元自衛官の予備自衛官応募資格」でも書きましたが、自衛隊に一年以上在籍していた元自衛官には予備自衛官の応募資格があります。
当事者の元自衛官の方々にもあまり知られていないんですが、「退官するとき」じゃなくて「辞めてから何年も経った後」でも応募資格があります。
ので、
「辞めるときは自衛隊はもうおなかいっぱいだったけど、そろそろ予備自衛官やってみるのもいいかな」
という方がいらっしゃいましたら、ぜひご応募を!

特に体力検定とか射撃検定とかで優秀だった若い方!!
ぜひぜひご一考を!!

ただ、応募には退職時の階級に応じて年齢制限があります。
士長で退職した人だったら、37歳未満、とか。
ので、あんまりのんびりし過ぎないようご注意ください。

そして、自衛隊経験のない方の場合は、「予備自衛官補」に応募できます。
予備自衛官補で訓練を受けて、それから予備自衛官に任官する、という流れです。

こちらの予備自衛官補、現在2016年度採用の応募を受付中です。
採用は春と秋の年2回設定されているんですが、毎年春だけで定員いっぱいになるので秋は募集すらなくなってしまいます。
(過去に秋採用があったのは1回か2回だけだったような)

ので、実質春だけ、年1回が応募のチャンスだと考えてください。

今年も読者さんからの「受けます!」メールをたくさん頂いています。
まだまだ倍率高そうだなぁ。
……いや、私の実感なので分からないですよ。
「倍率高いから無理だろうな」なんて諦めないで試験勉強、面接の練習がんばってくださいね!

応募資格や志願方法など、詳しくはこちらをどうぞ。

陸上自衛隊 予備自衛官制度
http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/

たくさんのご応募をお待ちしてます!
……ってね、こうやって言い触らすと受験者さんから「ただでさえ倍率高いのに難易度上がるからやめて~!!」って怒られちゃうんですけどね。

いやでも、少しでも優秀な人材が入ってくれる方が日本のためですから。
私みたいなへっぽこおばはんなんて必要なくなるくらいのほうが日本のためですから。

あと、毎年ご質問を頂くんですが、「合格するコツ」。
そんなもん私には分かりません!けどがんばれ!!以上!!


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ