■不名誉ノ負傷

■不名誉ノ負傷

やらかしてしまいました。

IMG_1371.jpg

おでこ、鼻っぱしらは腫れ上がり、痛ぇ。

私がこんな顔してると、「どうしたの? 自衛隊で?」と聞かれるんですが、自衛隊はまったく関係ありません。
酔っぱらって顔面から転んだだけです。

もう、なにやってんでしょうね。
いやでも打ちつける位置がちょっと違ったら骨折れてたかもなぁ。
良かったといえば良かったのか。

ジブチから帰って以来、なんだかお酒に弱くなってます。
前はこんな酔っぱらうことなかったんだけどなぁ。
これに懲りて禁酒!……はさすがに無理なので、とりあえず禁日本酒!……えーと、量をわきまえて飲もうと思います。

で、先日お会いしたある方もやはり「どうしたの? 大丈夫?」と心配してくれたんですが、道端で転んだ旨を伝えると
「それ、区の責任だよ! 危険な道路が悪いよ! 訴えなよ!」
と。

いやいや、付近一帯街灯切れたまま何日もほったらかしてて工事中の穴を柵で囲うこともなく……とかだったらまだ分からんでもないけど、そうじゃないんですよ、なんにもないとこで私が勝手に転んだんですよ、と言っても「いや、道路が悪い! 区が悪い!」と。

モンスターなんちゃらとかをテレビなんかで聞いたりしますが、そのうち「大地震が起きて家で家具の下敷きになった家族が亡くなってしまった」という状況でも「真っ先に駆けつけて救助しなかった消防が悪い! 自衛隊が悪い! 訴える!」なんて人が出てくるかもしれないなぁなんて思ってしまいました。
いや、もちろん家族が亡くなるというのはとてもショックなことで、何万人という要救助者がいる中でも「自分の家族を最優先して欲しい」という気持ちもあるでしょうし、そもそも地震すら起きて欲しくはありませんが。

あ、この顔の傷はもうすっかり治りました。
よーく見たらちょっと分かるかな? 程度に。

足腰はだいぶ歳がきてるようですが、お肌はそこそこ元気でいてくれてるようです。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ