■ジブチ写真第5弾!~動物編

■ジブチ写真第5弾!~動物編

前にもちらっと書きましたが、ジブチはネコだらけです。

2_20140313123206ee2.jpg

3_201403131232081bd.jpg

4.jpg

5.jpg

ジブチのネコはみんなガリガリに痩せてます。
日本のネコはほんとええもん食べてるんだなぁ。

こちらはカラス。

6.jpg

やっぱりガリガリ。
で、日本のカラスよりめっちゃ小っちゃい!!

カラスも日本のはほんとええもん食べてるんだなぁ。

体が小さいからか、ジブチのカラスはえらい甲高い声で鳴きます。
素っ頓狂な「ア゛ー! ア゛ー!」みたいな鳴き声。

ジブチの自衛隊拠点(派遣海賊対処行動航空隊)にも、いつも同じ小っちゃなカラスがいたんですが、やはりこいつもア゛ーア゛ー鳴いてて。
そして、なんかしゃべってるんです。
ア゛ーア゛ーだけじゃなてなんかぐちゅぐちゅしゃべってて。
何言ってるのかは分かりませんが。
ひょっとしたらソマリ語しゃべってるのかもしれませんが。

ジブチに行く機会があったら、ぜひカラスの声に耳を傾けてみてください。

あ、上5つの写真は、例によってスタッフ仲間の大枝くんの写真です。
やっぱ大枝くん上手いなぁ。
以下、私の下手な写真でお楽しみください。

こちらは市場のネコ。

7.jpg

やたら足の付け根をペロペロ舐めてるな~と思ったら、左後足がありませんでした。
車にでも轢かれちゃったのかな。
でも、3本足とは思えないほど素早く、ててててーっと元気に走ってました。

こちらは市場の魚売り場。

8.jpg

チャンネル桜の番組でも紹介しましたが、炎天下に冷蔵庫なしの魚売り場。
……のお魚さんを狙って、こちらにもたくさんネコちゃんがいました。
あ、このネコちゃんがいるのは売り場の台です。
おおらかです。

そしてネコだけでなく……

9.jpg

犬も。
暑いとへばるのは万国共通です。

写真には撮れませんでしたが、すんごい小っちゃいかわいい仔犬もいて、思わず「うおーーー!!!」とナデナデしに行きたくなりましたが(ネコより犬派)、気を付けなきゃいけないのが狂犬病。

狂犬病は犬だけじゃなく、ネコもほかの哺乳類もみんな可能性があるので、ジブチではどんなかわいい動物がいても近寄れませんでした。
ネコは大丈夫ですが、犬はあちらさんから向かってきますからねぇ。
怖い怖い。

10.jpg

こちらはラクダ。
持ち主はどこだろう。
野良ラクダ?

11.jpg

壁画?? と近寄ってみたら、生きてるロバでした。
いや、あまりにじーーーっと動かないので……。
暑くて、壁の小さな影でじーっとしているようです。

12.jpg

ヒツジさん運搬中。
こんな簡易な運搬……。
分かりにくい写真ですみません。

ラクダさんもトラックで大量に運ばれていました。

13.jpg

交差点を渡るヤギさんたち。
周囲の車は優しく道を空けて……でもなく、クラクションパーパーの「邪魔!!!」な空気でした。

14.jpg

これまた分かりにくいですが、アリさん。
真ん中右寄りの黒い物体はなにかの虫で、その周りの小さな点々がアリさんたちです。
死んだ虫を一生懸命運んでいました。

こちらはアパートメントの自室。
目が覚めたらアリの大群でうわあああああああ! と仰天しましたが、トイレに行ってる間のものの5分で撤収していました。
なかなか仕事が早いです。

15.jpg

かべちょろ。
……は正式名称じゃないよな。
ヤモリ? イモリ? なんだろう。

こちらもアパートメントの壁です。
全長7cmくらい?
日本のと違ってこんな色なのは、やはり砂漠に擬装するためでしょうか。
あ、こういうときは擬装じゃなくて擬態っていうんでしょうか。

16.jpg

私の足です。
靴下の跡の上部分が蚊に刺されまくってるのがお分かりでしょうか。
ものの5分でこれです。
長ズボン履いててこれです。

蚊を見つけたときは叩き潰すのに必死で、写真を撮ってる場合じゃなかったので、刺された跡でご勘弁ください。

蚊はほんとにもう、うじゃうじゃです。
幸い、マラリアは発症せずに済みました。


<おまけ>
動物ではありませんが……。

マネキン。

17.jpg

落書きしようとしたらとりあえず眉毛を繋げたくなるのもやはり万国共通でしょうか。

そして……お約束というかなんというか……。

18.jpg

みなまで申しませんが。

ジブチにも遊園地がありました。
でも、ずっと閉まってて、営業してるのは見たことありません。
年に数回しか営業しないようです。

乗り物はメリーゴーランド的なかわいいものばかりですが、その錆びれさ加減ゆえ、ある意味「絶叫マシン」と言えるかもしれません。

この遊園地、名前は「ファン・シティ」ですが、日本人は「ジブチーランド」と呼んでいます。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ