■ジブチ写真第2弾!

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ジブチ写真第2弾!

ジブチでの写真は基本的にひとりでふらふらパシャパシャなので、風景ばかりです。
人物がいないのでどうしても殺風景になってしまい、なんかいい方法ないかな~と思案した結果、エガちゃんにご登場いただくことにしました。

こちら、シェラトンホテルのバー。

IMG_0375_20140213122416c8e.jpg


これだと殺風景ですが、エガちゃんをお招きするとこんな楽しそうな写真に!

ドーン!!!

IMG_0374.jpg

こちら、iPhoneの「ジャマカム!〜江頭ジャマだカメラ〜」というアプリです。
写真撮ったらエガちゃんが邪魔しにきます。

シェラトンのバーではフィリピンのバンドが生演奏をしてくれます。

IMG_0372.jpg

携帯をいじってるお兄さんにも……

エガちゃんドーン!!!!

IMG_0371.jpg

バンド演奏に合わせて、マーティンが踊り始めました。

IMG_0382_20140213122451e07.jpg

マーティンは、カープユニを「クールだ! 売ってくれ!!」としつこかったあのマーティンです。

ノリノリのマーティンにも……

エガちゃんドーン!!!

IMG_0379.jpg

ジブチでは酷い火傷をしてしまいました。

IMG_0405.jpg

グロい写真ですみません。

しかしこんなグロい写真も……

IMG_0404.jpg

エガちゃんのおかげでなんだか楽しいことに!!!

ちなみにこの火傷、あるフィリピン人のおじさんが
「その火傷は大丈夫なのか。ドクターに見せなくていいのか。傷跡が残るだろう。君は女性だからちゃんと跡が残らないように治療をすべきなんじゃないのか」
とえらい心配してくれましたが、
「日本には、ザ・グローリー・インジュード(名誉の負傷)という言葉があるんだ。この火傷は私にとってのメダルなんだ」
と説明すると、なんだか分かったような分からないような顔で納得してくれました。

治療しないままでしたが、今はすっかり治って跡もよーく見ないと分からなくなっています。
たぶん私にしか分からないくらい。
薬も塗らずにほっぽらかしてても勝手に治るもんなんですね。
人体ってすげー。

あ、火傷の程度にもよると思うので、環境があるならちゃんと治療しといたほうがいいと思います。
念のため。

火傷の心配をしてくれたのはこのおじさんです。

IMG_0560.jpg

「こっち向いて。写真撮るよ」とパシャっとやって、この画像を見せたら「ファファファッ?!?!」とよく分からない声を上げていました。
「これは誰だ」と聞かれたので、「ジャパンのモストフェイマスなコメディアンだ」と教えてあげました。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。