■【質問】技能公募の予備自衛官が別の資格を取得した場合の階級は?

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【質問】技能公募の予備自衛官が別の資格を取得した場合の階級は?

【質問】
今年7月の記事では「一般予備自衛官補出身の予備自衛官が技能公募の対象になっている資格を取ったら技能採用者と同じような階級・扱いになる」旨の記述がありました。

そこで疑問なのですが、仮に技能採用者がそのまま予備自衛官になり、そのあとでまた当初の技能とは別の資格を取得した場合、どのような扱いになるのでしょうか。

例えば、英検準一級で技能予備自衛官補に採用され、予備自衛官(予備3曹)になったあと、司法書士などを取得した場合、司法書士相当の階級になったりするのでしょうか。


【回答】
その通りです。
……と以前「その筋に詳しい方」に聞いた記憶があるんですが、うーんちょっと自信なくなってきた。
いや、たぶんそう言われてたと思うんですけどねぇ。
もうやだこの記憶力。

岡田の記憶では「その通りです」とお答えします。
……なんだこの回答。
すみません。
次の機会にもっかいちゃんと聞いてきます。

とりあえず、なにか技能職種に該当する資格を取得したら、担当地本の方にご連絡してください。
手続きなどは私もやったことないので分かりませんが、詳しく教えてもらえると思います。

……で、この件で私も以前ちょっと疑問に思ったことあるんですよ。

例えば、語学(英語とか)の技能で予備自になって、その後司法書士の資格を取得した場合でも、
「司法書士の階級に上がるのは嫌だ。3曹のままで語学技能の予備自として任用されたい」
と思ったとき、それは叶えられるのか? それとも問答無用で司法書士の階級・任用になるのか? と。

資格をいろいろ持ってても、「私はこの分野が一番得意で、この技能で予備自をやりたい」っての、たぶんあると思うんですよね。
でも、組織として「司法書士の数が足りないから、そっちでお願いします」となることもあるかもしれませんし、どうなるんだろうなーと。

この、「技能職種の変更」の制度はまだ新しいものなので、今後に注目ですね。
なにか情報を得られたらまたご報告します!


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。