■予備自衛官の「技能」

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■予備自衛官の「技能」

オフ会にご応募頂きましたみなさま、ありがとうございます。
まだなんのご連絡もしておらずすみません。
近々メール致しますのでしばらくお待ちくださいませm(_ _)m

さて、また懲りずに予備自衛官、予備自衛官補のお話です。
「懲りずに」というか、今回は「これは絶対にお知らせせねば」と。

予備自衛官補を受験するとき、「一般」か「技能」かどちらで受けるのかをまず選択します。
なにかの資格とかを持ってたら「技能」で。
持ってなかったら「一般」で。
で、なにも持ってない私は「一般」で受けました。

予備自衛官補に「技能」で受験できる資格は、昨年までは以下のものでした。

・衛生(医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師……などなど)
・語学(英語、ロシア語、中国語、韓国語)
・整備(自動車整備士)
・情報処理(エンジニア、アドミニストレータ、情報処理技術者……などなど)
・通信(無線通信士、工事担任者……などなど)
・電気(電気主任技術者)
・建設(建築士、測量士……などなど)

予備自衛官補制度ができて10年ちょい、少しずつ技能の種別は拡大されてきましたが、これまでは上記の資格が「技能」の該当でした。

……が!
今年度の募集から新たにどどーんと以下が追加されました。

・衛生の臨床心理士
・語学のアラビア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語
・建設の建設機械施工技士、建築施工管理技士……などなど
・放射線管理の放射線取扱主任者
・法務の弁護士、司法書士

これね、意外と知られてないんですよ。
私も最近まで知りませんでしたから。
「え? 語学ってそんなたくさん増えたの? え? 弁護士も?」って。
こんだけ予備自だ予備自補だ言ってる私が知らなかったんですから。
もし知ってたら「おー俺受けたかったー!」って人、いるんじゃないかなぁ。

(技能の種別の細かいところは防衛省の予備自衛官制度HPの募集要項を見てください。ありすぎて書ききれません)

でね。
お知らせしたいのはこれだけじゃなくて。

予備自衛官補に技能で入って、予備自衛官になると、階級や運用はその技能に応じたものになります。
私のような一般だと、予備自衛官になると2士からスタートするんですが、英語ペラペラの人だったら予備自衛官になった時点で3曹とか。
お医者さんだったら2佐とか。
(経験年数によって階級はちょいと違うそうです)

で、運用面でも、英語ぺらぺらの人は米軍との訓練に通訳要員で参加したり、災害派遣でもお医者さんは衛生要員として参加したり。
技能の人はその「腕」で自衛隊に貢献する分、階級や運用は一般とは違ったものになります。
(技能も一般も一緒にやる訓練もあります)

で、これまでは、この「技能」は、予備自衛官補を受験する時点でのものが反映されていました。
予備自衛官に医師として任官してる人は、予備自衛官補を「医師」の技能で受験してる人のみで。

例えば、予備自衛官補を一般で受験した私が、その後予備自衛官になって、なんだかえらいやる気が芽生えて医師になったとしても、「医師」の技能で予備自衛官に任官することはできませんでした。
医師としての階級や運用を望むなら、いったん予備自衛官を退職して、今度は予備自衛官補を技能で受験しなきゃダメで。

……だったんですが、こちらも今年度から制度が変わって、予備自衛官を退職せずに、申請するだけでその技能に応じた任用をされることになりました。

分かりにくいでしょうか、この説明。

ではもいっちょ例え。

あるところに大学生のAくんがいました。
Aくんは「大学生のうちに予備自衛官になりたい」と思い、予備自衛官補を受験しました。
学生で資格などはなにも持っていなかったので、「一般」で受験しました。
そして合格し、予備自衛官補の訓練を修了しました。
晴れて予備自衛官になったAくん。
階級は2士です。
大学で勉強をがんばりながら、でも予備自衛官の訓練にもちゃんと毎年出頭。
……と大学を卒業したAくん。
日ごろの勉強が実を結び、司法試験に合格。
弁護士になりました。

……と、この場合、以前だとAくんは
・陸士のまま(いずれ3曹になりますが)予備自衛官に任用を継続
・いったん予備自衛官を退職して、予備自衛官補を「弁護士」技能でもう一度受験、そして予備自衛官補の訓練を修了→弁護士として予備自衛官に任官
のどちらかを選ばないといけなかったんです。

それが今では、「僕、弁護士になりました」と申請すれば、予備自衛官を退職しなくても、任用を継続したまま階級が1尉になって、弁護士としての運用をされるようになりました。
(こちらも階級は経験年数によって変わります)

これね、すごい画期的なことなんですよ。
私の知ってるだけでも「退職→もっかい受験」が2人いますから。
予備自衛官になった後に資格取って、予備自衛官補を受験し直した人が。
(うち一人は、資格取って技能で予備自衛官補を受けるために予備自衛官を退職したのに、肝心な予備自衛官補の試験に何年も落ち続けてたり……今年やっと受かりましたが)

予備自衛官補制度も発足から10年以上が経ちました。
自衛隊にとってより良い運用ができるように、より活用ができるように、いろいろな整備がされています。
知名度も少しずつ上がって、志願者もたくさん増えました。

あとは世間の、社会の知名度。
予備自衛官が訓練や実働で出頭できるようにするには、やはり企業など社会の協力が欠かせません。

どうしたら上がるんかなぁ。この知名度。
「国防に協力しよう」って意思は、社会一般的にはそんな低いもんじゃないと思うんですが。
「なんで予備自衛官が自衛隊に必要なのか」ってとこからなんだろうな。
「なんで予備自衛官が国防に必要なのか」っていう。

知名度がんばれ。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。