■【質問】伊藤祐靖氏はどの様な方ですか?

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【質問】伊藤祐靖氏はどの様な方ですか?

【質問】
元海上警備隊の伊藤祐靖氏にお会いしたことがあると思うのですが、どの様な方ですか?何かエピソードを・・・
尊敬いたしています。いつか本を出版されると思うのですが、楽しみでなりません。


【回答】
以前、【質問】 新春! 爆笑小ネタ集 第6弾で、「お会いしたことありません」「おもしろいおっちゃんだなぁ~という印象です」と回答にもならない回答をしたご質問ですが、この度、念願叶って(?)お会いすることができました。

IMG_0063.jpg

撮影は葛城奈海さん。
ありがとうございます。

だいぶ飲み込んだあとに撮った写真ですみません。
飲む前に撮れば良かった。

これね、実は1枚目はこんなでした。

IMG_0060.jpg

「伊藤さん、なに逃げてるんですか?!」とブーブー言ったら「ごめんごめん」とちゃんとくっついてもっかい撮ってくれました。

で、お会いしての感想。
やっぱおもろいおっちゃんでした。
いやーなんなんだこの人は。

「もし伊藤さんが竹島奪還作戦を立てるとしたらどうするか?」
「3.11の状況で、もし伊藤さんが指揮官として原発対処を命令されたらどうするか?」
「強い軍隊とはどういうものか?」

などなど、非常に興味深いお話を聞かせて頂きました。
伊藤さんの見解を書きたいところですが、飲みつつ聞いたお話でメモも取っておらず、おぼろげな記憶で人様の見解を書くわけにもいかないので……まあ、ナイショということで。

途中、伊藤さんから
「岡田さん、教育勅語をどう思う?」
と聞かれ、おじいちゃんの書斎の机の前に額入りの教育勅語があったこと、でも子供の頃の私は「教育勅語」というものを知らず、おじいちゃんが「これは昔の偉い人が書いた文章ぞ。お母さんやおばちゃんたち(おじいちゃんの娘4人)の名前は、この文章から付けたんぞ」と教えてもらったこと、でも私はそのとき「ふーん」としか思っておらず、大学生のときにおじいちゃんが亡くなって書斎に行って初めて「え? これってあの悪名高き教育勅語じゃん」って気付いて、でもおじいちゃんは「昔の偉い人が書いた文章ぞ」って「お母さんたちの名前はここから付けたんぞ」って言ってたなぁ、教育勅語は悪いモノって聞いたけど、「悪いモノ」から大事な娘の名前付けないよなぁ、と興味を持って辞書を片手に読んでみたら「へー、これっていろいろ言われてるけどフツーにいいこと書いてんじゃね?」と思ったこと……などなどをお話しました。

すると、伊藤さんが反論。
「いいこと書いてると思ったの? なんで? どこが『いいこと』なの?」
「えーだって、お父さんお母さんを敬って、兄弟仲良くして、憲法と法律はちゃんと守って、世のために働いて……とか書いてるでしょ? これって『いいこと』じゃないですか」
「それは『いいこと』とは言わないの。『当たり前のこと』」

ちきしょー一休め……。

で、飲みながらふと……伊藤さんの手首に……んん??
「伊藤さん、それってタトゥーですか?」
「そうだよ」

左手首に、コウモリとサソリ、そしてある数字のタトゥー。

IMG_0066.jpg

なんでコウモリなのか、サソリなのか、そしてその数字の意味は……は、またそのうち伊藤さんから語られることがあることが思いますので、ここではまたナイショということで。

いやしかし伊藤さん、最初は顔面いっぱいにコウモリを入れようとされてたそうで……。
葛城さんが「なんでそういうこと考えるんですか? 温泉に入れないじゃないですか?!」、で私も「そうですよ! 温泉は日本の心ですよ! 顔面にそんなタトゥー入れて芸人さんにでもなる気ですか?! 鉄拳みたいに国防紙芝居とかやんなきゃいけなくなりますよ!」と若年女二人が年上の男性にタトゥーで説教という不思議な光景が繰り広げられました。

ちなみに、顔面いっぱいコウモリタトゥーは海自を辞めるときに本気で考えられてたそうで、しかし元同僚の海上自衛官の方に必死で止められて断念し、手首にされたとのこと。
元同僚の海自さん、超グッジョブです。

伊藤さんに、冒頭の質問を頂いた方のお話もしました。
この方からは、この質問以外にも伊藤さんに関する質問を頂いていて、本当に伊藤さんが好きなんだなーと。

「ブログに伊藤さんの超ファンな方がいるんですよ」
と言うと、
「それは女性? 男性?」
「んー、文面からすると男性のような……」
「じゃあいいや」

じゃあいいやって。
質問者さん、男性だったらすみません。
じゃあいいやだそうです。



※追記

こちら、コメントに伊藤さんご本人より訂正を頂きました。

「墨は、自衛隊を辞めるときに入れたのではなく、現役の時に入れてました。退職する5年くらい前だったと思います。」

とのことで、いやー酔っぱらって聞いた話はもう。
大変失礼致しました。

……というか、現役のとき……?
えーっと……えーっと……。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。