■「いざ志願! おひとりさま自衛隊」文庫化!

■「いざ志願! おひとりさま自衛隊」文庫化!

「いざ志願! おひとりさま自衛隊」が文庫になりました。

IMG_1303.jpg

>>文藝春秋紹介サイト

2月8日発売です。
街の書店でもネット書店でももう予約受け付けは始まってますので、ぜひぽちっとどうぞ。


■文庫版ポイントその1 「安い!!」

定価は単行本から400円下がって、お値打ち650円です!
単行本で「読もっかなー。でも1050円かー。札出すのもなー」と躊躇されてた方にも、1000円切ったので堂々とおすすめできるようになりました。


■文庫版ポイントその2 「大量加筆39ページ!!」

単行本や新書から文庫化されるとき、通常「文庫版あとがき」というものが付けられます。
私も編集さんから「文庫版あとがき書いてください。単行本出た後に東日本大震災で予備自衛官に招集かかりましたよね? あのあたりとか……」と言われ、その通りせっせせっせと書き、「はい」と編集さんに渡したら「長すぎます!」と軽く怒られました。

最初は50ページ弱くらい書いてたんですよ。
でも普通、文庫版あとがきというと、数ページくらいなもんなんだそうで。
だって知らんかったんやもん。
いやすみません。

あまりに長過ぎたのでちょこちょこ削り、それでもやっぱり長く、もう「文庫版あとがき」とは呼べなくなったので「文庫版スペシャル」として2章が追加されました。

東日本大震災で自衛隊設立初となった予備自衛官実働招集、そして予備自衛官災害派遣の裏側で予備自衛官たちがどんな状況にあったのか……について詳しく書いています。
あと、自衛隊グッズたちの追加情報なんかも少し。

文庫版での追加てんこ盛りなので、単行本を買われた方にも自信を持って「ぜひ文庫版もどうぞ」と言えるものができました。


■文庫版ポイントその3 「不肖・宮嶋さんによる解説も付録!!」

単行本が出たとき、文藝春秋「本の話」で、不肖・宮嶋さんが「いざ志願! おひとりさま自衛隊」の解説文を書いてくださいました。
けちょんけちょんにこきおろしつつも、でも恐縮しきりなくらいに褒めてくださって、とても素晴らしい文章を書いてくださいました。

今回、文庫版にその文章を再録……の予定だったのですが、なんと不肖・宮嶋さん、文庫版スペシャル2章を読んで、改めて解説文を書き直してくださいました。

おかげさまで、素晴らしい文庫版付録となりました。
本当にありがとうございます。


■文庫版ポイントその4 「自衛隊な背表紙カラー!!」

「文庫版出しましょう」とお話を頂いたとき、真っ先に思ったのは、「文春文庫といえば司馬遼太郎! 竜馬がゆく! 吉村昭! 浅田次郎! あの文豪たちと同じ装丁で私の本が! うひょー!」でした。

いやもうね。
いつまでおのぼりさんなんだと。
お前プロの自覚あんのかと。
いやでもいつまでも初心を忘れないのはいい心がけ……いやすみません。

文庫版の打ち合わせをして、最後、編集さんに「他になにかありますか?」と聞かれたとき、勇気を出して言ってみました。

「あのー……背表紙の色って希望言えたりしますか? 司馬遼の黄色がいいとか、浅田次郎さんの青がいいとか……」

編集さん、苦笑いしながらも「色にこだわりありますか?」とちゃんと聞いてくれました。

でも、残念ながら、司馬遼の黄色のような原色は現在使われていないとのこと。
最近の文春文庫の背表紙カラーは、淡目の色しか使わないんだそうです。
ほー、背表紙にもそんな時代の変化があったとは。
ということは、原色背表紙は初版の時期がより昔で、淡いものは最近ということなんだな。
またひとつ知識が増えたぞ。

ということで、「いざ志願! おひとりさま自衛隊」文庫の背表紙は自衛隊っぽい淡い緑にしてもらいました。

IMG_1304.jpg

ほんとは「やっぱ自衛隊だったらODカラーだろー」と思ったんですけど、濃い色は使えないので。
というか、超尊敬してる吉村昭さんの背表紙カラーがODっぽい色なんですよね。
吉村昭さんに一歩引いた淡い緑ということで。

第二作以降の予定はまったくありませんが、文春文庫の岡田真理の色は淡い緑となりました。


■文庫版ポイントその5 「著者の手垢付き!!」

詳しくはまた後日書きますが、先日、文庫を作ってる製本所にお邪魔してきました。
機械からざくざく流れてくる「いざ志願! おひとりさま自衛隊」をべったべた触ってきました。

あなたが手にする本には、実は著者の手垢が付いてるかも……。
うーん、これはまったく購買意欲のプラス要素にはなりませんね。
まあいいや。


サイズも価格も、単行本より手に取りやすくなった文庫本。
よりたくさんの方に、「自衛隊ってすごいんだよ。自衛官ってかっこいんだよ」がお伝えできると嬉しいです。


スポンサーサイト

プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ