■イタリー

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■イタリー その1

おととしのクリスマスシーズン。
当時私は京都に住んでいて、御池通をふらふら歩いてたら外人さんに呼び止められた。

「Can you speak English?」

アイキャンノットなので「無理っす」と手のひらを彼に向けてひらひらさせると、「ワタシ、日本語シャベレマス」と返ってきた。
どないやねん。

道でも聞かれんのかと立ち止まったら、彼が歩き続けるので私も歩みを進める。
自然と並んで歩く格好に。

「アナタもワタシもニット帽デスネ~。こうして歩いてるとカップルみたいデスネ~」

なんて答えりゃいいんだ。
まあ、この人も日本で寂しいのかな、クリスマスのイルミネーション満開のこの通りを独りで歩くのは寂しいのかな、と思い「あはは」と上辺の笑みを返す。

「ワタシはイタリアからキマシタ」
「へー、イタリアですか」

どうりでノリがラテン全開。

「ドコマデ行くのデスカ?」
「市役所前です」
「オ~。いいデスネ~」

なにがどういいのか。
市役所前の良さというものがあるのなら是非とも教えて頂きたい。

「市役所前にナニをしに行くのデスカ?」
「待ち合わせ」
「ダレと?」
「彼と」
「オ~。いいデスネ~」

女友達と待ち合わせなのだが、めんどくさいことになったらアレなので嘘をつく。

「カレはドンナ人デスカ?」
「ふつうの人」
「ナニをしてる人?」

つーかなんで尋問受けてんだ。
もうここらで追っ払うべく、「私の彼はおっかないんだぞコラ」的空気を漂わせるために「ラグビー選手」とか「K-1ファイター」とか「漁師」とかいろんな「怖い彼像」を思いめぐらせて咄嗟に出た答えが

「海兵隊」

なんで海兵隊なんだ。
つーかどこに行けば海兵隊さんと出会えるんだ。
まあいいや。

「カイヘイ……タイ……??」

あ、嘘までついて通じてない……。

「海兵隊ってのは……えーと、アーミー」
「オー、アーミー……」

ラテンのノリが一気に下がる。
そして彼は、イタリアのアーミーは乱暴なヤツばかりだ、アーミーは戦争をするから嫌いだ、戦争は良くない、とぼそぼそ語り始めた。
ここで議論しても仕方がないので、私もうんうんと相槌を返す。

会話も盛り下がり、彼は「デハ、ロフトに行きマス。バイバイ」と富小路通を上がって行った。
いや、ロフトは逆方向だろと思ったけど何も言わず見送った。
というか、海兵隊はアーミーじゃなくてマリーンな気がするんだけどどうだろう。


スポンサーサイト

■イタリー その2

そして昨年の秋。
当時も私は京都に住んでいて、御池通をふらふら歩いてたら外人さんに呼び止められた。

「Can you speak English?」

アイキャンノットなので「無理っす」と手のひらを彼に向けてひらひらさせると、「ワタシ、日本語シャベレマス」と返ってきた。
どないやねん。

道でも聞かれんのかと立ち止まったら、彼が歩き続けるので私も歩みを進める。
自然と並んで歩く格好に。
話をきけばイタリア人で……ってなんだこのデジャヴ。
御池はヒマなイタリア人だらけか。
「Can you speak English?」の手口だらけか。
だらけって2人目だけど。

「ドコに行くのデスカ~?」
「家に帰ります……」
「お茶でもドウデスカ~?」
「帰りますんで……」

勝手にべらべらしゃべるのを聞くに、イタリア語教師をやってて、今日は珍しく仕事が早く終わったので街に出てきたらしい。
家にはワインとパソコンしかないらしい。

「カレシはいるのデスカ~?」
「……います」
「カレシはおシゴトは何デスカ?」
「海兵……あ、いや……サラリーマン」
「カレシは何歳デスカ~?」
「……30」
「オ~結構イってマスネ~」

てめえの目の前の女が32だバカ。
結構イってて悪かったな。

「ワタシの家でワインでもドウデスカ~?」
「……行きません」
「ドウシテ嫌ナンデスカ~?」
「……嫌です」
「家でワインを飲みながらパソコンでチャットをシマショウ~」

なんじゃそら。
なんで見ず知らずのイタリア人の家行って、わざわざ更に知らん人とチャットしなきゃなんだ。
つーか手を腰に回すな。

回された手を振りほどくと「カタイですね~」とほざきやがった。
そらガッチガチだよ。おめーが怖ぇんだよ。

その後10分ほど歩きながら「家に来い」「嫌だ」の生産性のない会話が続き、ああもうすぐ私の家だ……どうやって逃げよう……ああさっきの交番に入れば良かった……と思ってたら突然
「アナタは私のキモチが分かってナイ!!」
とキレでどっか行った。

なんでこっちがキレられなきゃなんだ。
初対面のてめえのキモチなんか分かるワケねーだろ。
つーか急にえらいキレるからこっちもうっかり「すいません」って言っちゃったじゃねーか。
なんで私が謝んだ。
あーなんかすげー負けた気分。
ちきしょう。


■イタリー その3

そして今年の夏。
当時はもう東京に住んでいたが、所要あり京都へ。
御池通を歩いてたら、2台のチャリに挟まれた。
なんだなんだと顔を上げると、ニヤニヤした外人さんたち。

「ハーイ! アイムフロムイタリー!」

やっぱりか。

しかしこの2人のイタリア人は日本語がまったくしゃべれないご様子。
1人が英語でロイヤルホテルがどうの、ボートがどうのと言ってるけど、私の英語力がサッパリなのでイマイチ的を射ない。
もう1人に至っては英語もしゃべれないようで、イタリア語らしき謎の言語をしゃべりながらなにやらご陽気に笑っている。

つーかなんであんたらそんなに大声でケラケラ笑えるんだ。
なにが楽しいんだ。
人通りの多い往来でわーわー騒いで周りからジロジロ見られても平気なくらいにラテンのノリはアゲアゲなのか。
私はジロジロ見られて充分に恥ずかしいんだが。
そしてチャリに挟まれたこの状況は多分に恐怖なんだが。

私がちっともラテンでもノリノリでもなく、つーかなんだったら結構ビビってる様子だと分かると、彼らは相変わらずニッコニコしながら「バーイ」と去って行った。
去り際に、自分の乗っている自転車を指さしながら
「このバイシクルはイタリーから持ってきたんだ。クールだろ?」
的なことを言った。

しかしそのバイシクルには京都市内のレンタサイクル屋のものであるマークがきっちりと貼られていた。
なんでそんなウソつくんだ。
意味がわからん。

日本人からのナンパといえば、奇声を上げながら突進されて高瀬川に突き落とされそうになったり、電車の中で明らかに様子のおかしなおっちゃんからいきなり頭をなでなでされたりと、「いや、あんたそれはナンパじゃなくて町の要注意人物の日常的行動だよ」と言われそうなことしかない身なので、誰から声をかけられようと「こんな人間を気に留めてくれてありがとうございます」と地に頭をこすりつける勢いで感謝をすべきなのかもしれませんが、やはり見ず知らずの赤の他人からいきなり話しかけられてしつこく付きまとわれるのはただただ恐怖です。
あげく怒鳴られたりしたらしばらくちょっとしたことでもビクビクしてしまうほどの思いです。

しかしこの3年間で、私はイタリアに行けばちょいと人気者になれるのではないかと夢を見るようになりました。
イタリアに飛ぼうかなぁ。
カプリチョーザみたいなごはんが毎日食べれるんかなぁ。


プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。