FC2ブログ

■「新しい天皇」への「親しみ」

まずは、前回の
「誰が天皇になるの?」
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-338.html
のおさらい。
まとめると、

◆「誰が天皇になるのか」には、
お父さんか、そのまたお父さんか、そのまたお父さんか……が、過去に天皇であった
という
お父さんルール
がある

◆天皇は126代にわたって「お父さんルール」で継承されてきた

◆お父さんルールの女性が天皇になるのは問題ない

◆でも、その女性天皇のお子さまはお父さんルールから外れてしまうため、女性天皇への負担が懸念される
※過去には、お父さんルールの女性天皇が8人いたが、うち4人は未亡人での即位、そして他4人は未婚のまま生涯を終えた

◆「女性が天皇になれないのは女性差別である」という議論が活発だが、「令和で秋篠宮殿下が天皇になれなかったのは次男差別だ」とか「一般人が天皇になれないのは家柄差別だ」という議論はないなー

です。

で、今回は、
お父さんルールの天皇を未来に残すにはどうすれば良いのか
を、みなさんと一緒に考えたいと思います。

「お父さんルールの天皇を後の世にも安定的に残す」
先人たちは、このために主に2つの方法を取ってきました。

①側室を置く
②お父さんルールの男性が皇族にたくさんいる状態にする

先人たちは、こうやってお父さんルールの天皇を受け継いできました。

①は現代では実現不可能だと思いますが、②は実現可能です。
お父さんルールの男性が皇族にたくさんいる状態にすれば、お父さんルールを守ったまま天皇という存在を未来にも残すことができます。

現在、皇族に「お父さんルールの男性」は、天皇陛下のほかに、秋篠宮殿下、悠仁さまのお二人がいらっしゃいます。

しかし実は、お二人以外にも「お父さんルールの男性」がいらっしゃるんです。
正確には分かりませんが、現在「未成年のお父さんルールの男子」だけで5~6人ほどいらっしゃるようです。
(調べてみましたが、いろんな情報があってよく分からないので数字はあくまでもご参考まで)

この、「皇族ではないけど、お父さんルールの男子」はどういう方々なのかというと、今は一般人だけど、元々は皇族だったおうちのお子さんです。

現在、皇族には
・秋篠宮家
・常陸宮家
・三笠宮家
・高円宮家
の4宮家があります。

でも、元々はもっとたくさんの宮家がありました。
が、戦後のドサクサでGHQにより11の宮家が皇族から離され、「皇族ではない一般のおうち」となりました。
この11の宮家は、「旧宮家」「旧皇族」と呼ばれています。

※ここで「戦後のドサクサ」という表現を使うのは不適切かもしれませんが、あえてこう表現しました。興味のある方は「なぜ11の宮家が皇族から離されたのか」をぜひ調べてみてください。

この旧宮家のおうちに、「皇族ではないけど、お父さんルールの男子」が複数人いらっしゃいます。
この方々に、また皇族に戻って頂ければ、

②お父さんルールの男性が皇族にたくさんいる状態にする

が可能となります。

この方法には、もちろん反対意見もあります。
ひとつは、「旧宮家のおうちの方々のご意思はどうなのか」という意見。
そしてもうひとつは、今の国民には、旧宮家のおうちの方々に親しみがないという意見です。

ここでは、「今の国民には、旧宮家のおうち方々に親しみがない」について考えたいと思います。

11の宮家が皇族から離脱したのは、昭和22年。
なので、旧宮家の方々をご存知なのは、戦前・戦中生まれの世代まででしょう。

もちろん、親も戦後生まれの私は全く知りませんし、先ほども書いたように「旧宮家のおうちにいらっしゃる、未成年のお父さんルールの男子」の人数すら分かりません。
「親しみがない」のは当然です。

「そのような方が天皇に即位するとなった場合、果たして国民はどう受け止めるだろうか」。
こう懸念し、旧宮家のおうちの方々に皇族に戻ってきていただくことへの反対意見があるのは、とても理解できます。

でも、よくよく考えてみました。

もし、旧宮家のおうちの方が天皇に即位することになっても、それはどんなに早くても悠仁さまの次の代です。
そのときに、今こうやって議論してる私たちのうち、どのくらいの人がこの世にいるでしょうか。
とりあえず私は生きてない自信があります。

旧宮家のおうちの方が天皇に即位するとなったときに、それを受け止める「国民」は、早くても平成の終わり以降に生まれた人たちです。
おそらく、大半は令和以降の生まれの人たち、今現在まだ生まれてない人たちでしょう。

そして、悠仁さまの年齢を考えれば、「旧宮家のおうち出身で最初に即位する天皇」となる方は、今まだお生まれになっていないと思います。

そんな先の時代、未来の国民の「親しみ」は、今現在なくて当たり前です。
あるわけがありません。
なんだったら、現在の陛下や皇族の方々への親しみすらないでしょう。
だってまだ小さかったり、生まれてなかったりするんですから。

「だったら、親しみ、作ればいいじゃん!」と私は思いました。

まずは、できるだけ早い段階で、旧宮家のおうちの方々に皇族に戻っていただく。
そうすれば国民の側も、小さな子供が育っていくにつれ、少しずつ陛下や皇族の方々に親しみを持って大人になるように、「皇族に戻られた旧宮家のおうち出身の方々」にも同じような感情を持つことは、決して難しいことではないと思います。

というより、私たちが子供の頃から徐々に陛下や皇族の方々に親しみを持って大人になったように、未来の国民も、陛下や皇族・新しい皇族の方々に親しみを持って大人になっていく……これは自然の流れであるように感じます。

もちろん、そのためには努力も必要だと思いますが。
先人たちが天皇という存在を大事にしてきたように、今、令和に生きている私たちにもそれは求められると思います。
というか、ほとんどの人は大事に思ってますよね。

平成~令和の移り変わりで私たちが体験した、たくさんの感慨、感動、感謝。
それを思えば、充分に可能なことだと私は考えます。

……と、こんなにいろいろ書いている私ですが、以前は「お父さんルール」なんて全く知らない人間でした。
こういったことを考えたこともありませんでした。

小泉政権で「女性が天皇となる」議論があったときも、「いいんじゃない?女性天皇ってのも素敵だよね」と思っていました。

でも、ふと「なんでこれまで女性天皇がたった8人しかいなかったんだろう」と興味を持ち、いろんな本を読んでお勉強するうちに、「ひょっとして、私たちはとても大事なものを捨てようとしてるんじゃないだろうか。ちょっと考えたほうがいいんじゃないか」と思うようになりました。

お父さんルールを守り続ける方法があるのに、わざわざそれを捨てることはないんじゃないだろうか、と。

みなさんはどう思いますか?

次回は、
「『お父さんルール』はそこまでして守らなきゃいけないものなのか?」
「そもそもなぜ、私たちは天皇という存在を大事にしているのか」
について、みなさんと一緒にお勉強したいなーと思っています。
が、今仕事がバタバタなので、気長にお待ちいただけると嬉しいです。

みなさんもぜひ、
「『お父さんルール』はそこまでして守らなきゃいけないものなのか?」
「そもそもなぜ、私たちは天皇という存在を大事にしているのか」
を考えてみてください。

スポンサーサイト



■皇位継承は女性差別?

前回の
「誰が天皇になるの?」
http://okadamari.blog112.fc2.com/blog-entry-338.html

から追記というか補足というか。


「女性が天皇になること」の議論では、「女性が天皇になれないのは女性差別だ」という意見があります。

しかし、「令和で秋篠宮さまが天皇になれなかったのは次男差別だ」とか「一般人が天皇になれないのは家柄差別だ」という意見は聞いたことがありません。

なぜ、男女平等だけが声高に叫ばれるのでしょう……?

ぜひみなさんも考えてみてください。

■誰が天皇になるの?

「天皇の子供である男子が天皇になる」
みなさんの中にも、こう思ってる人は少なくないのではないでしょうか?
近代の流れから、そして現代は特に学ぶ機会がないから、それは当然のことだと思います。

でも、実は「誰が天皇になるのか」には、そうではない
たったひとつだけのルール
があります。

それは
お父さんか、そのまたお父さんか、そのまたお父さんか……が、過去に天皇であったこと
です。

ここでは、それを
お父さんルール
と呼ぶことにします。

この「お父さんルール」は、令和のこの時代まで、126代にわたって受け継がれてきた、たったひとつだけのルールです。
長い歴史の中では、女性が天皇になったり、生後7か月の赤ちゃんが天皇になったりしたこともありますが、この「お父さんルール」だけは絶対に守られてきました。

例えば、サッカーには「手を使っていいのはキーパーだけ。その他の選手は手を使っちゃダメ」というルールがありますよね。
もし、誰かが「キーパーだけじゃなく、選手は誰でもみんな手を使っていいことにしようよ。それも面白そうじゃない?」と言ったとしても、そんな試合はもう「サッカー」とは呼べませんよね。
サッカーは、手を使っちゃいけないからサッカーなんです。

同じように、「誰が天皇になるのか」では、126代にわたって「お父さんルール」を守ってきました。
もし「お父さんか、そのまたお父さんか、そのまたお父さんか……」が過去に天皇ではなかった場合、その人はこれまで126代続いてきた“天皇”ではありません。
「手を使ったらサッカーではない」のと同じです。

で、現在の皇室。
愛子さまは「お父さんが天皇」なので、お父さんルールに反していません。
ですので、126代続いてきたルールの上では天皇になることができます。
眞子さま、佳子さま、悠仁さまも「お父さんのお父さんが天皇」なので、同じです。

ではここで、もう少し未来のことを考えてみましょう。

悠仁さまが将来ご結婚されて、お子さまがお生まれになったら。
そのお子さまは「お父さんのお父さんのお父さんが天皇」なので、「お父さんルール」に反していません。

でも、愛子さま、眞子さま、佳子さまが一般の方とご結婚されて、お子さまがお生まれになったら。
そのお子さまは「お父さんのお父さんのお父さんの……」とたどっても、天皇はいません。
なので、このお子さまは「お父さんルール」によって、天皇になることはできません。

現在、「女性が天皇になること」が議論されています。
愛子さま、眞子さま、佳子さまが天皇になることは、先ほどもお話したように「お父さんルール」にのっとっています。

ですので、何の問題もないように思ってしまいますが、ある懸念があります。
それは
結婚後、お生まれになったお子さまは「お父さんル―ル」から外れてしまう
ことです。

現在の皇室典範では、性別を除くと「天皇の長子が皇位継承順序の1番目である」とされています。
なので、もし女性が天皇となり、お子さまがお生まれになると、「お父さんル―ル」から外れた人が天皇となってしまいます。
手を使ったサッカーが“サッカー”ではないのと同じで、「126代受け継がれてきた“天皇”」ではなくなってしまいます。

もし、このままで女性が天皇となったら。
その方は、重責を背負われることにならないでしょうか。
「生まれた子供が天皇になったら、長い長い時代にわたって受け継がれてきた“天皇”ではなくなってしまう」ことから、結婚したくてもしない、子供を持ちたくても持たない、という選択をせざるを得ない状況になってしまわないでしょうか。

過去にも、「お父さんルール」にのっとった8人の女性が天皇になりましたが、このうち4人は「夫である天皇・皇太子が亡くなったことにより混乱を避けるため一時的に即位」という形で、そしてもう4人は「独身のまま生涯を終える」という結果になりました。

この「お父さんルール」は、正式には「男系」といいます。
「女性が天皇になること」の議論でよく出てくる言葉なので、ぜひ覚えておいてください。

「女性が天皇になる」。
これは、一見素晴らしいように思えますが、その先、そのまた先まで見据えてしっかりと考え、慎重に議論しなければなりません。

なぜなら、126代にわたって、先人たちがさまざまな努力を重ね、今の私たちに受け継がれてきたとても尊いものですから。


---【追記】---------------------

「女性が天皇になること」の議論では、「女性が天皇になれないのは女性差別だ」という意見があります。

しかし、「今回、秋篠宮さまが天皇になれなかったのは次男差別だ」とか「一般人が天皇になれないのは家柄差別だ」という意見は聞いたことがありません。

なぜ、男女平等だけが声高に叫ばれるのでしょう……?

ぜひみなさんも考えてみてください。


■「岡田真理をちやほやするオフ会 第4弾」募集開始!

2年以上サボっていましたが、「岡田真理をちやほやするオフ会 第4弾」を決行することになりました。
お店もすんなり快諾してもらえましたので、募集開始します!

あ、初めての方に「岡田真理をちやほやするオフ会」がどういうものかを一応説明しますと……。
その名の通り、「ただただ岡田真理をちやほやする」というオフ会です。
岡田真理のことを愛して止まない読者さんたちが一堂に会し、岡田真理をちやほやしながらみんなで楽しくだらだら飲む、というただそれだけの数時間です。
いつもありがとうございます。
過去3回とも内容をアップしていますので、お時間ありましたら過去記事を漁ってみてください。

では、詳細です。


【岡田真理をちやほやするオフ会 第4弾】
○日時 2018年2月10日(土) 18:00より
○場所 東京都、山手線内のどこか(お店は参加者さんにのみメールでお知らせします)
○会費 5000円(学割4000円)

※お手数ですが、年齢の分かる身分証明書をお持ちください。学割ご希望の方は学生証をお持ちください。当たり前のことですが、未成年者はお酒・タバコ絶対禁止です! ソフトドリンクもご用意します! もうとっくにハタチ超えてるのに当日「身分証明書見せて」って言われても、めんどくさがらずに「あ、若く見えるんだな♪」と喜んでご提示頂けると嬉しいです。

※高校生以下・18歳未満の方は必ず保護者に許可をもらってからご参加ください。できれば保護者の方もご一緒にお越しくださると嬉しいです。

※会場は飲み屋さんです。ので、妊婦さんや小さいお子さん連れの方などなど……タバコの煙とか酒臭さとかもろもろご了承ください。


参加ご希望の方は、2018年1月27日(土)までに

○お名前
○年齢
○電話番号(当日連絡が取れるもの)
○メールアドレス(当日連絡が取れるもの)
○これまでのオフ会参加歴(第1弾のみ参加、第1弾・第2弾・第3弾ともに参加、など)
○「いざ志願!おひとりさま自衛隊」の感想文(面倒なこと言ってすみません。いや、幹事が「この項目入れろ」とうるさくて……と、人のせいにします。感想は短くても、なんだったら「特になし」とか「読んでない」でも構いません)
○ひとこと(学生ですとか会社員ですとか自衛隊が好きとか岡田真理超ラブとか、簡単な自己紹介をいただけると当日心の準備ができるので嬉しいです)

……をコメント欄に書きこんで、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信してください。
(コメント欄は、下の「Comments」をクリックしたら出てきます)

複数人でご参加の場合でも、お手数ですがおひとりずつご応募ください。
なにか質問などございましたらお気軽に!
(返信は気長にお待ちください……)

※今回も、いつもの方に幹事をお願いしています。ご応募の際にお知らせ頂くお名前や電話番号、メールアドレスなどは幹事さんにもお渡ししますのでご了承ください。数年来の岡田の飲み友達で信頼できる方です。

※人数限定の先着ですので、もしご応募がたくさん頂けた場合は予定より早く締め切らせて頂きます。本当に申し訳ございませんが、ご了承ください。


ではでは、全力で岡田真理をちやほやしてくださるみなさまのご応募を全力でお待ちしています!


■岡田真理をちやほやするオフ会第4弾!

前回から2年以上空いてしまいましたが、「岡田真理をちやほやするオフ会第4弾」開催します!

2月10日(土)夜@都内某所
の予定です。

詳しくはまたお知らせしますので、「おっ?」と思われる方、心のご準備をお願いします!


プロフィール

okadamari

Author:okadamari

>>質問大募集!!







岡田真理・著
(文藝春秋社)


よくわかる自衛隊 (楽しい調べ学習シリーズ)



志方俊之・監修
岡田真理・文
(PHP研究所)



―岡田真理―
フリーライター。昭和52年生まれ、福岡県香春町出身。同志社大学工学部中退。平成17年、陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願。50日間の教育訓練を経て、平成19年、予備自衛官に任官。現在も任用継続中。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し、「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もくじ